■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6/22記事追加です。
アロハ~、ヴァル=ヴァラです。(^.^)/

 ・・・・これまた随分とお久しぶり過ぎて言い訳のイの字も思い浮かびませんwが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 殺伐とした残虐ゲームFPS(ファースト・パーソン・シューティング:一人称視点シューティングの略で、弾を撃って敵を吹っ飛ばす戦争系や殺し矢系作品が多い)界にあって、スポーツライクorいたずらライクな明るいゲームが話題になってます。 視点はFPSではないのですが、WiiU用対戦型アクション・シューティング「スプラトゥーン」です。 主人公はイカで、実弾ではなくペイント弾を撃って、ステージを自分のチーム色に染め上げるという妙な作品。
 はい、妙という時点で国産ではありません。 ついでにWiiUの簡易チャット機能でドット絵的なお絵かきも盛り上がってるらしく、Twitter上に幾つも楽しそうな画像が上がってきて、良いカンジ。 WiiであのFF13に対抗して作られたRPG「ゼノブレイド」の続編も登場して、ジンワリとWiiUが気になりだしたトコロですが、私は現在、別の妙な作品の虜になっちゃいましたw

 「インディーズゲーム群に埋もれた超名作ゲーム」
 もとはPC用インディーズゲームだったのがPS4/PS3/VITAにローカライズ移植された「ローグレガシー」が・・低価格ゲームにあるまじき面白さ(失礼w)です! 私はPSプラス会員なので無料ゲームコーナーで入手して放置してたのですが、ツィッター仲間から「面白いよっ♪」と聞いて遊び始めたクチです。
 個人的ベストゲーム10選に挙げる横スクロールアクション「朧村正」に匹敵すると言ってもいいくらい、遊び応え十分、反応良い操作性、少なめでも決して少なくも無い適度なボリューム。 絵的には残念ながら日本でヒットするとは言い難いものの、真横視点のドット絵で、バランスは割りと極端で理不尽に近い尖った作品。
 ウィザードリィと並んでRPG元祖と称されるローグよろしく、自動生成ダンジョンのアクションRPGです。 ダンジョン探索したら町で装備品を充実させる従来型とは少し違い、一度迷宮に足を踏み入れたが最後、死亡するかゲームクリアするまで外に、町に行けません。 死んでも生き返るチャンスなし(例外的に低確率でその場復活するスキルやアイテムあり)、続いてゲームを始めると子孫選択となり・・・ソーサリアンみたいな世代交代システムで、選択時にランダムで職業/特徴/体型/所持魔法等が決められた3人の世継ぎ候補から次世代をチョイスします。 開始時のみ町で装備品購入やスキル強化が可能で、ダンジョンに入る際、入場料として所持金を全額~半額(最初は全額ぼったくられ、スキル強化で少し手元に残ります)まで没収されるシステム・・風来のシレン辺りと似た系統となってます。
 パルテナの鏡と同様、ゲーム開始直後が一番非力で難しく、敵レベルは主人公の戦力に応じて上がるものの、中盤からは楽に、だいぶ遊び易くなる変わったバランス。 これは面白いです!

 絵は素敵な路線とは逆方向のベクトルながら、良好な操作感とレトロゲーム風で雑なバランスがかえって惹き付けられます。 感覚的には・・ファミコンの「ココロン」やPSPの「勇者30」あたりのテイストを、朧村正ライクな楽しい操作性で味付けられたゲーム、と言えそうです。

 あのマインクラフトも元はインディーズゲーム。インディーも侮れないですね。^^; およそ万人に薦められる作品ではありませんが、レトロゲームの理不尽さやココロンが楽しいと思った方には逸品だと思います。 良かったらどうぞ~♪

 本日の1枚「クロスゾーン2で実現!飛リュキューレ記念☆」
pxz2d-blg

3DSで発売が予定されているセガ・カプコン・バンダイナムコのオールスターキャラが集うシミュレーションRPG続編「プロジェクトクロスゾーン2」で、先行して登場が公表されているストライダー飛竜につづき、私が好きで良く描くワルキューレさんの参戦が決定し、何枚かの紹介画面が発表されました。 必殺技時には往年キャラの「ワギャン」、ゼビウスの「ソルバルウ」、トイポップの「ピノ&アチャ」も登場してミニ・ゲームレジェンド状態! 発売が楽しみです。
 それでは本日はこの辺で~

スポンサーサイト
未分類 | 10:59:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad