■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

9/14記事追加です。
アロハ~、ヴァルヴァラです。(^.^)/

・・・ぇ? 二日連続で記事書くの久しぶりですって? ホント久しぶり~♪w...orz
ところで皆様、今年の夏は海・・ではなくダウンロード販売のサマーセールで何か買って遊びましたでしょうか?
 スマホアプリほど活発ではないものの、今では家庭用ゲーム機向けソフトもDL販売が普通で、夏休みや冬休み等に合わせて期間限定セールを実施されてます。
 なかでもカプコンは、明日9/15までプレステストアでPSPソフトを中心にサマーセール中でして、「ヴァンパイアクロニクル」、「ラストランカー」、「極 魔界村 改」、「ロックマンロックマン」、「イレギュラーハンターX」等が各315円(税込)というお手ごろな週刊誌級価格。
 またニンテンドーeショップでは、9/24までの間、3DSのバイオハザード二作品、逆転裁判123成歩堂セレクション、逆転裁判5等が各1,500円(税込)と安いです。 また、カプコン製コマンドRPG「ブレスオブファイア」のポータルサイト公開を記念してWiiU版・PS版・PSP版等もセール中と、お買い得です。・・残念ながらブレスオブの最新作6はPC/スマホアプリにプラットフォームを変えてしまいましたが^^;
 逆転裁判は最新作6が今週末の東京ゲームショウでも出品されるらしく、今回は舞台が異世界、ちょうど天外魔境みたいな雰囲気です。 これまた楽しみですが、上記した過去シリーズもまた遊んでみたいと思い、1~3はオリジナルにあたるゲームボーイアドバンス版をもってますが、新たに3DS版を購入しちゃいましたw
 あのアーケード用3D格闘ゲーム「私立ジャスティス学園」の絵の逆転が、ここまでメジャーになるとは感慨深いです。
 セールを記念して1枚描いてみました。gyakutensb1235
本シリーズの代名詞、成歩堂龍一さんと5から参戦した新米弁護士・希月心音さんを納めてみました。
大きな文字で「意義あり」 「待った!」と漫画的表現を活かした極端さが楽しい逆転。未体験の方がいらっしゃいましたら是非!

それでは本日はこの辺で~

スポンサーサイト
未分類 | 11:20:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
9/13記事更新!
アロハ~、ヴァルヴァラです。(^.^)/

なんだか連日寒いですね。真夏からイキナリ冬が来たような感じですが・・芸術と食欲とゲームと読書の秋はいずこへ?w
 来週末には東京ゲームショウが控えてますが、そうでなくてもこの秋は注目ソフトが多い気がします。 プロジェクトクロスゾーン2に「せがた三四郎」さんが参戦して一部で盛り上がってるみたいですが、私が一番ココロ惹かれているのは、今月末にVITAで発売予定のアクションRPG「東京ザナドゥ」です。
 オールドゲームファンの中でも特に旧PCファンにとって「ザナドゥ」は思い入れの強いソフトだと思います。 家庭用育ちの人には、微妙に変なアレンジが施された「ファザナドゥ」がありましたね。 ゼルダの伝説やイース等で、このジャンルの中心は斜め上から見た視点のトップビュー型ですが、個人的にはファミコンの「リンクの冒険」や「オリュンポスの戦い」が大好きだった身としては、横スクロール型のほうが嬉しかったりします。

 ザナドゥは「ザナドゥNEXT」としてPCでリメイクされたものの、どうにも家庭用向きでない内容と雰囲気からか、コンシューマー移植はされず、PSPの日本ファルコム・オールスタードタバタ対戦アクション「イースvs空の軌跡オルタナティブサーガ」の舞台名として“ザナドゥ”がちらりと使われたのみ。ゲームとして「ザナドゥ」の名を冠するのは家庭用コンピュータゲームでは久しぶりです!ですが今回のザナドゥは今までとは随分変わりましたねw

 もともと軌跡シリーズとイースシリーズで2D系グラフィック表現では、ある意味完成の域にあったファルコム作品、マンネリ防止か時代の要請か、閃の軌跡からは同社のメインシリーズが遂に3Dグラフィックに進出。・・ぃぇ、正しくは空の軌跡FCとイース6から立体化はされつつあったのですが、丁度PS1のドラクエ7がファミコン絵をそのまま3Dにしただけだったみたいに、ファルコム従来の2D絵を基に奥行きをつけただけの3Dに過ぎませんでした。
 閃の軌跡1の頃はまだまだ立体グラフィックとしては完成度が低く、ファルコムの得意とする多彩なキャラクターも、その表情は固くマネキンみたいなポーカーフェイスでしたw それが閃2を経て今回の東京ザナドゥ、ようやくファルコム映像が完全に3Dをモノにしたと思って良さそうなハイ・クオリティです!
 まして軌跡と違ってアクションRPGだけに、CGがショボいと隠しきれないジャンル。 正直、心配してましたがデモ映像を見て杞憂に終わりました。 ファルコムが得意な内容を、はじめて最先端美麗映像で実現出来たのではないかと感じます。
 これは楽しみです!

本日の1枚
dirtypairbg
ラヴリーエンゼルこと、「ダーティペア」のトラブルメーカー、ケイ&ユリを描きました。 もとはライトノベルとか呼ばれる前に登場していた小説作品でアニメ化されて人気でしたが、ファミコン・ディスクシステム用に発売されたゲームソフトの出来はあまりにもお粗末で、全く接触したきがしないのに突然死を遂げてしまう、脅威の当たり判定の広さには閉口しましたwが、二人協力プレイで「なにコレ酷いっ♪」とネタとして遊ぶと案外楽しかったりしました。
 この作品とは無関係ながら、メガドライブ用ダジャレシューティング(?)のバトルマニアにも、どこかで見たようなトラブルメーカーなお姉さんコンビが登場して、スーファm・・・ゲホン! 白い箱を踏みつける隠しデモが衝撃的でした。^^;
 昔はマシンスペックが低すぎて上手く表現されない消化不良のままで終わってしまった題材が多かっただけに、ダーティペアなんか、今こそゲームにすべきな美味しいコンテンツだと思います。

 それでは本日はこの辺で~♪

未分類 | 12:52:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad