■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2/15記事追加。
アロハ~、ヴァルヴァラです。

寒いデスね。フトコロも世間の風当たりm・・・じゃなくてw 2月って暦のうえでは冬なので、まだまだ寒さは続きそうなのですがこの度、更に生活費が寒くなるかも知れない事態に陥りましてですね・・・始めてしまいました、アレを。

「まさかまさか、ファイアーエムブレムヒーローズの虜にっ♪w」
 ヤヴァイです。(^-^;

ドラクエヒーローズといい、タイトル名に「ヒーローズ」と付与されたものは要注意ですね、これは。
(秋葉原の適当なステーキ屋さん"ヒーローズ"や、ファミコン/スーファミ時代にバンプレストが量産してたSDヒーローズ系にはナビかなかったデスがw)

本作は、1990年2月にファミコンで初登場した、インテリジェントシステムズ開発・任天堂販売の人気シリーズ「ファイアーエムブレム(以下、FE)」最新作兼、初スマホアプリ進出タイトルです。 実は私、FEシリーズでマトモにクリアしたのってファミコン第二作のFE外伝だけだったりしますw 遅れてからWiiUを買う原動力になったシャープFEも、プロジェクトクロスゾーン2で出演した余波でソフトやアミーボさえも購入したFE覚醒も☆絶賛☆進行は頓挫してます!
 そもそも購入したのは遊びたかったからで、任天堂ブランドらしい(?)毒素の無いファンタジー世界観・キャラクター達の魅力に惹かれた訳ですが、問題はFEシリーズ、ジャンルがシミュレーションロールプレイングなんです。
 このジャンル初期は確か、PCで大戦略シリーズをリリースするシステムソフトが気まぐれでファンタジー版シミュレーションを作ったと思われる(!w)マスターオブモンスターズ辺りに端を発し、ウォー・シミュレーション色が強いゲームでしたが家庭用ゲーム機に進出するにあたって、やりごたえはあるものの、難しくて一般的でないPC系シミュレーションを当時ドラクエやファイナルファンタジーで大人気だったRPG色に染める事で生み出され、ロボットアニメ系のスーパーロボット大戦、メガドラ/セガサターン全盛時のラングリッサー等と共に進化・発展してきたジャンル。
 キャラクターもシナリオも世界観も自分好みだったので幾つも遊んできましたが、いかんせんプレイ時間が長くかかる系統だけに、昔と違ってゲーム出来る時間が少なくなった現在では、興味はあっても遊びきれない、そんなジレンマとなってたトコロ・・・問題の本作が登場しちゃいました。

 短時間で遊べるFEです。なにせマップは1画面のみです。画面スクロールなんてしません。面白い反面ウンザリする程広いマップではありません。。。ハイ!
 ハンティングアクションやカードバトルRPGみたいな1プレイ短めで生活時間の合間に楽しめるゲームに、遂にFEが侵食してきたのですw
本編シナリオモードあり、期間限定イベントマップ&報酬あり、他のプレイヤーとネット対戦あり(と言っても挑まれた側は本人が動かすのではなく自動応戦式)そして・・ガチャですw
 スマホアプリ系のガチャで課金してお小遣いや生活費がアレな事になってしまった方も多くいらっしゃるかと思いますが、なにせ自分にとってFEはキャラクターへの興味はあるのに時間がかかるため避けてきたシリーズ。それだけに・・・家計に深刻なダメージg・・ぁ、いえ。まだあまり課金はしておりませんが、この先が心配ですw (^^;

 ようやくミリオンアーサーやチェインクロニクルから一歩距離をおいた生活に戻れたのに、ヤヴァイですねw それだけ面白くて楽しめているので、コンピュータゲーム好きとしてはOKとも言えますが。
 もっと恐ろしいのは、本作でFE熱が高まると頓挫していたFE系を再開するという迷宮から抜けられなくなってしまいそうなんですがw

そんなコンナで、基本無料アイテム課金スマホアプリ「ファイアーエムブレムヒーローズ」、FEシリーズに興味はあっても大変そう、難しそう、時間無さそう・・といった理由で遊んでこなかった人にこそ、オススメします。
 興味がございましたら、是非~♪

本日の1枚「ギル&カイ」
Gill Kai2017@blog
「カイの冒険」「ドルアーガの塔」や「イシターの復活」でお馴染み、ナムコの名コンビ、ギル&カイを描きました。

本日は遅番の為、昼時にブログ記事書けました。次回のテーマは未定ですが、近いうちにアップしたいと思います。
それではまた~

スポンサーサイト
未分類 | 12:36:25 | トラックバック(0) | コメント(1)
2/5記事追加
アロハ~、ヴァルヴァラです。

2月ですね。早いですね。ブログ記事は今年もまt・・・ゲホン!w
私生活は益々大変で、遅番が増えた為か疲労が蓄積し平日は趣味時間ほぼナシ、週末もまるで意識が途切れる様に眠r・・・たた体力回復にイソシンでおりまして、ゲームもイラストもブログも☆絶賛☆滞ってますw

 それはさておき皆様、ゲームを楽しんでいらっしゃるでしょうか。 私のほうは、VITA初期の傑作3Dアクション「グラビティデイズ」の追加シナリオ的続編、PS4版「グラビティデイズ2」をちまちまと進めてます。

「安住の地が、またひとつ」
本作は一応続編ですしタイトル名に"2"と付与されてるものの、良くも悪くも前回の続きという趣です。異様に長いサブタイトルの末尾が「完結編」となってますが、個人的には敢えて2の名前を付けてほしくなかったと思ってます。
 と言うのも、初代を当ブログでベタ褒めした時に、これだけ斬新で素晴らしいものを産み出せたからこそ、安易なシリーズ展開せず更に凄いモノを期待してしまう訳で、閃乱カグラや軌跡シリーズみたいに、いたずらに連発して崩れて欲しくもなかったからです。
 いざ蓋を開けてみると、早くも自分の中で定着した空気を感じました。 現実の日常生活とは別の非日常な、それでいて安心して過ごせる居場所と言うのでしょうか。 気に入った作品・世界観だからこそ、その空気の中に身を置いておきたい。 そんな居心地の良いフィールドも、ヒトには必要だとも、無いよりは有ったほうが良いのかな、と考えてます。

 メディア・ジャンル・媒体を問わず自分にとっての故郷みたいな、日常とは異なる世界..。 好きなネットゲームであったり、スマホアプリだったり、あるいは見知った顔ぶれが集まる、いきつけのゲームセンターの対戦台などなど、皆様も好きな場所があるのではないかと思います。 コンピュータゲームも昔と違い、ネットに繋がった事でソフトも売り切りで終わらず、追加アップデートである程度長い期間在住する事が可能になった現在。
 時にネットゲームなんて、常になにかしらのイベントが途切れず開催されてるのでプレイヤーにとっては、生活の一部として楽しむ、過ごせるようになってますが、シリーズものも、そのひとつのカタチだと思います。

 アトリエシリーズ、軌跡シリーズ、テイルズofシリーズ、無双系など数々のシリーズもので溢れてますが、毎回ほぼ独立した作品ではあるものの、シリーズを通して作られた世界に親しめる良さがあると感じます。 あまり映画を観ない身で良く知りませんが、例えばジブリ映画なんて、どんなにヒット作を生み出しても毎度、新規作品を提供し続けてますよね、ナウシカ2、トトロ3、もののけ姫4、とかではないですよね。 物語自体に繋がりはなくても、共通したジブリらしさに安心し、新鮮さに驚き、内容に満足して嬉しくなります。 ゲームに限らずシリーズものって、そういう側面もあると考えております。

 それでグラビティ世界なのですが、わずか2作目でシリーズと呼んでよいのか分かりませんが、これまた独特の匂いが漂う世界で、メインキャスト・サブキャストだけでなく名もない住人達もまた、この世界で生きる様子が雰囲気たっぷりに描かれていて、ずっとこの町で過ごしたい・・そんな気にさせてくれる素敵な世界だと感じるようになりました。 ただ、例えば紙媒体の活字本の作品であったなら、読み終わった後は、何度も繰り返し読んだり、SNS等で同じ作品を好きな人同士で交流したりスピンオフ作品や関連グッズで楽しみを広げられたとしても元の作品自体は変わりません。・・が、ゲームであれば製作者側さえその気になれば、追加アップデートでいくらでも続きが増やせるのが良いところ。

 今回はけっこうな長丁場シナリオみたいで、まだまだ当面楽しめそうですが、残念なのは前作同様、ただのスマッシュヒットなんですよね。販売本数が10万本とか、その程度の人にしか楽しまれてないのが現状です。 アクションのクセは強いですがRPG的な成長要素もあり、難しくて諦める事もない難易度だと思いますし、もっと多くのプレイヤーに親しまれるべき名作だと思います。

 未体験で重力的世界が気になった方がいらっしゃいましたら、是非~♪ それでは今夜はこの辺で。

未分類 | 21:52:04 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。