■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(9/4)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 皆様は、田尻さんという人をご存知でしょうか? ぃぇ、海外で活躍した、毒霧を噴く日本人プロレスラーではありませんw 「田尻智」さんは、あのポケモンの生みの親でして、ゲーム界で大成功されたクリエイターです。

 田尻さん等が制作し、89年にナムコから発売された「クインティ」を機に、株式会社ゲームフリークを設立し、スーファミで「ジェリーボーイ」、メガドラで「まじかるタルる~とくん」や「パルスマン」などをリリースしました。 ポケモンは典型ですが、基本的に同社作品はコミック調の世界観が得意という印象が強いです。ポケモンはRPGですが、リズミカルなアクションゲームに良作がありました。 細部まで丁寧に作られている点では、日本ファルコムやハドソンと通じる部分もあって、キャラクター・アクションの手応えや操作感覚が、ただ普通に動かすだけで気持ちイイのです。 ゲーム史上では、発想は良かったのに、動きや操作性、当たり判定等が悪くて残念なタイトルも数多くありますから、基本的な事ながら、とても大切な長所だと思います。

 2005年に発売したゲームボーイアドバンス用アクションゲーム「スクリューブレイカー 轟振どりるれろ」から今日まで、長い事ポケモン以外はリリースしてこなかった同社ですが、久々に新作アクションが登場します。明日9月5日から3DS専用のダウンロード専売ソフトとして1,800円で発売される「リズムハンター ハーモナイト」です。 ⇒公式HPはコチラ 価格的には安いですが地味に、3DSのダウンロード専売タイトル中、最高額です。

 絵的には、今風のノリ全開バリバリ‥‥ではなく、懐かしい感じのする子供向けっぽい雰囲気ですが、中身は同社ならではの“見た目はオーソドックスなのに中身は案外、革新的な”ソフトだったりします。 ジャンルは、アクションゲームに見えるリズムゲームです。(!) パッと見ると本作、普通の横スクロールアクションぽいデスガ、十字キーはステージ選択時(スーパーマリオ3以降の、マップ画面みたいな感じ)以外、使いません! 移動は自動的に行われるので、プレイヤー操作はジャンプと攻撃ボタンのみと言う、実はほぼリズムゲームとなっちゃってます。 BGMの音に合わせて攻撃し、障害物回避やリズムマーク回収にはジャンプも併用します。
 アクションゲームじゃない、と思われそうですが、アクションゲーム的なプレイ感覚もしっかり感じられます。これは不思議ですね。

 前述したクインティやジェリーボーイ等はアクションゲームには違いありませんが、動きの滑らかさや心地よい操作感でノリ、テンポの良さが特徴です。 そんな絶妙なテンポ、手応えがどことなく、リズムゲーム的でもあると思ってました。 そういう意味で本作、ノリの良いアクションとリズムゲーム特有のプレイ感覚が融合した、ある意味、同社のアクション作品の集大成とも言えそうです。

 本作は無料体験版がニンテンドーeショップで配信中です。 興味がありましたら、是非一度、触れてみては如何でしょうか。 平凡な名前と地味な外見とは裏腹に、斬新で気持ちいい作品。 操作キャラは三人いるみたいで、キャラにより攻撃方法、プレイ感覚が違いそうですし、楽しく遊べそうだと思います。

 ‥ところで本作の主人公は「テンポくん」という少年が音楽世界「ハーモニア」を救う為に、音符記号を振り回して戦う(見た目はホッケースティックぽい)のデスガ、ノイズを撒き散らす敵軍「ノイゾイド」が襲来したというストーリーですが、
人気の恐竜メカ、ZOIDSとは関係ありません。
‥ぃぇその、体験版を遊んだ限り、楽しくてオススメな本作ですが、唯一、キャラが微妙だったりします。これで人気シリーズのゾイド級の魅力が備わっていたら‥‥と思うと残念でなりません。^^;
 今夜のマンガは、ハーモニアからお届けします。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第121回 「スーパー32Xにテンポってゲームがありました。」
本日の1頁目(9/4)
スポンサーサイト


未分類 | 23:59:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad