■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(9/14)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 皆様は休日、如何お過ごしでしょうか。 私はゲームファンの特性上?、買い物か外食以外はホトンド出歩きませんがw、遊園地へ遊びに行く人もいらっしゃるでしょうか。 最近は郊外に大型のショッピングモールとかが局地的に展開されており、厳密には遊園地ではなくても観覧車だけあったり、近い感じのが結構ありますね。 空いていて安ければ行っても良いのですが、休日や大型連休は人・人・人で道も狭いし何かに乗ろう、入ろうとすると待ち時間が掛かるのが面倒なので、近づかない事にしてます。^^;

 コンピュータゲーム環境の高性能化で表現力が高まった事により、本来は実際に自身で体験する分野を、仮想的にゲームの中で遊べる作品もあります。 「ぼくの夏休み」やガンシューティング、スポーツゲーム、ドライブゲーム等イロイロですが、テーマパークもしくはお祭り的なゲームとしてオールスターゲームと呼ばれる形式のソフトもあります。 「コナミワイワイワールド」や「ファミコンジャンプ」、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」みたいに、1つのゲーム内容に対して、操作するキャラクターとしてスター達が参加するソフトが多いですが、時折、ミニゲーム集的なソフトも登場します。

 Wii Uの本体と同時発売タイトル(ロンチタイトル)の中に、「ニンテンドーランド」があります。 このゲームは任天堂の遊園地であるニンテンドーランドで、同社の代表作をモチーフとした多数のミニゲーム(遊園地的に、アトラクションと呼ばれています。)を楽しめる、パーティ向けゲームです。 もちろん1人プレイでも楽しめると思いますが、皆でTVを囲んで遊ぶという、任天堂の得意なカタチ。
 アトラクション名を見ればロゴデザインからも分かりますが、ゼルダの伝説、ピクミン、メトロイド、マリオ、ヨッシー、どうぶつの森、ルイージマンション、オクトパス(!‥ゲーム&ウォッチワイドスクリーンのゲームが元ネタです♪)、ドンキーコング、謎の村雨城、F-ZERO、そして先日も少し触れたバルーンファイトのゲームC(バルーントリップ)等がある模様です。 マリオやゼルダは特に有名ドコロですが、マリオの影に隠れたルイージの主演作品やゲームウォッチ、ファミコンディスクシステムでゼルダの影に隠れた村雨城、ファミコンらしい二人プレイが熱かったバルーンファイトを持ってきたのは面白いですね。 ゲームウォッチに始まり、ファミコンで家庭用ゲーム機文化を生んだ張本人である任天堂は、宿敵ソニーの出現やソーシャル系の台頭があったものの、やはり日本のコンピュータゲームの第一人者である事に変わりないです。そんな任天堂ゲーム史の光も影も取り入れたアトラクションを楽しめる、ニンテンドーの夢の国。 実物があって直に体験出来るディズニーランドやサンリオピューロランドとは違い、ディスプレイの中に作られた王国というのも、なんとも任天堂らしいと思います。 ついでに言うとコレ、ミニゲームなどと書きましたが、1本1本が傑作を目指して作られているらしいので、期待出来そうです。 ニンテンドーダイレクトの紹介映像からは、3DSのすれ違いでお馴染みの自分の分身であるMiiで参加するのでしょうか。

 ロンチタイトルは幾つもありますが、個人的には、マンネリ気味のスーパーマリオやサードパーティ製のプレステ360ダッシュ的なラインナップではなく、本作こそが任天堂らしさを十二分に発揮した、初期タイトルの中で最も注目すべき作品ではないかと思います。

 なんだかんだで、12月8日の発売まで、3ヶ月をきっております。まして、その間にはイース セルセタやバイオ6、零の軌跡エボ、とびだせ大作せn‥ではなく、どうぶつの森、ヘイロー4、レイトン教授VS逆転裁判、DOOM3BFG等の注目作が目白押しですから、あっという間です。 というか、遊びきれないのでもう少し発売を待って欲しいくらいの嬉しい状況です。 ここ1年くらいは当ブログでも何度もお伝えしましたが、VITAあり、完全新作の名作あり、大物シリーズの新作ありと、非常に充実してます。 Wii Uの登場で、ゲーム界は更に加速するのでしょうか? その鍵を握るのは、案外、マリオではなく本作なのかも知れません。

 ‥ところで、Wii U発売から早々に、ドラクエ10のU版βテストを開始するらしいデスガ、大丈夫でしょうか。 先行しているWii版は、シリーズ初の100万本に届かない快挙を達成しそうでして‥‥U版待ちで、買い控えているのではないか、という層もいるらしい噂もありますが、不安でイッパイです。 何せコレ、ドラクエはいつも楽しみに遊んでいる人でさえ二の足を踏んでいるアレな状態でして‥通常であれば、ドラクエが本体を牽引するハズが、このままではU版はソフトではなく本体の勢い頼みって感じで、
Wii Uにドラクエが牽引されるという、新展開に成りかねませんw コッチも正念場?_?
 今夜のマンガは、ニンテンドーランドへ入園してみました♪

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第131回 「パックランドの明るい雰囲気は好きでした。
                                           (内容は‥w」
本日の1頁目(9/14)
スポンサーサイト


未分類 | 23:52:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad