■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(9/15)
   「You は~、ショォォォオック!」
   ‥ぁ、ウォッホン! しし失礼しました。 アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 株式会社コーエーテクモゲームスの開発した(旧コーエー)コンピュータゲームのジャンルに、“無双系”と呼ばれるモノがあります。 大きくはアクションゲームに属するのですが、この系列のゲームは全て、基本的なシステムが同一という、不思議なカテゴリーにあります。

 コーエーはもともと、PCで「信長の野望」、「三国志」といった歴史シミュレーションゲームの生みの親であり、歴史系ソフトに強いイメージがありました。 しかしこれらは、熱狂的なファンを生んだものの、難しいゲーム内容である為、人を選ぶジャンルでした。 ファミコン以降の家庭用ゲーム機にも進出し、一定の需要を得て成功したものの、やはり誰でも気軽に楽しめるゲームではなかったトコロ、プレステの登場で世のゲームがポリゴンを使った、動きのリアルな3Dグラフィックが主流になると、同社の歴史ゲームにも変革が起きました。 97年に発売した「三国無双」で、シミュレーションではなく、3Dアクションの対戦型格闘ゲームに転換したのです。 この時点では対戦格闘でポリゴンなので、バーチャファイターや鉄拳系列の、三国志版という認識でしたが、更にハードウェアが進化してプレステ2が主流になると、続編の「真・三国無双」が発売されました。1対1の格闘ではなく、大群との対決という、現在も続く無双シリーズの代名詞といえる“一騎当千”を表現するゲームスタイルに進化したのです。 美麗グラフィックに加え、難易度は控えめな同シリーズは、歴史シミュレーション時代には叶わなかった、一部のユーザーではなく、ゲームファン全体に広く楽しまれる、間口の広いゲームへと昇華しました。

 以来、シリーズは続々と登場し、大成功を遂げました。 するとやっぱり、他社からも同等のゲームが作られる訳でして‥‥はい、ここに無双系と呼ばれるジャンルが誕生し、定着したのです。 コーエー自身も、同社のもう一つの看板題材「信長の野望」の世界観を活かして、日本の戦国時代が舞台の「戦国無双シリーズ」もリリースしたり、海外の歴史上の英雄を扱った「トロイ無双」等を発売したのですが、バンダイナムコからは、人気アニメ作品が題材の「ガンダム無双」や「ワンピース海賊無双」といった、これまた人気シリーズが生まれました。 無双と言っても、ジャンル的にはスクロール型格闘アクションです。 かつてアーケードを中心に人気があった、横スクロール格闘アクション(ベルトスクロール型)の「熱血硬派くにお君」や「ファイナルファイト」、「ベアナックル」等のゲームの正当進化形と言えるのが、無双シリーズだと思います。 タイトルに無双の名がなくても、中身は明らかに無双系のゲームも他社から出ていたりしますが、2010年にコーエーは、週刊少年ジャンプで80年代に大ヒットを飛ばした「北斗の拳」を題材にした「北斗無双」を発売しました。

 寡黙な男・ケンシロウを再現したコレは、原作の持つ独特の間の遅さも表現してしまった様で‥‥他の無双シリーズみたいに高速移動、素早くて多彩な技の演出で手軽に爽快感を味わえる作品とは、ちょっぴり違ったエッセンスを発揮しちゃったのデスw ある意味、忠実なゲーム化なのかも知れませんが‥ ^^;
 もとが暗殺拳法なだけに、TVアニメ版の主題歌の一節にある「指先ひとつでダウンさ~」の通り、相手の急所(ケイラクヒコウw)を指一本で突き、体内から爆死させる事をゲームでも表現したおかげで、無双シリーズで初となるCERO:D(17歳以上対象)となったことと合わせて、誰でも手軽に爽快に遊べる無双シリーズの中では異端な存在でした。

 そんなケンシロウさんが、帰ってきます。 PS3/XBOX360で12月発売予定の「真・北斗無双」です。 と、今まではプレステ/360という表記をしてきましたが、本作は発売日未定ながら、Wii Uでも発売されます。一昨日の話の通り、スペック的に同等となった事でWii時代とは変わり、今後はハード固有のソフト以外は、“据え置き三機種で発売予定”とか書いた方が良さそうですね。

 本作は元斗皇拳編や修羅の国編、そしてラオウとの決戦までの時代からも、前作では登場しなかったキャラが多数参戦します。無双シリーズは多くのキャラクターの中から好きなのを選択して遊べるのが魅力ですから、王道系キャラだけでなく、変則的キャラやマイナーキャラ、微妙な(!)キャラ等、バリエーションが多いほど充実します。 個人的に好きな、野望の若武者「シャチ」が参戦しているのが嬉しいです。 これまた楽しみな作品です。 ところで‥
砂時計のアルフさんは、登場するのでしょうか?w
K-1とかプライドとかが生まれる前から、秒殺を掲げていた歴戦の勇士(???)な彼の元気な姿を、また見たいです。 ‥出ますかね? ほぇ?無理? それは何故に‥あ! そうですかソウデスカ‥ケンシロウさんと対決しちゃってましたね。すると、つまり‥
「アルフはもう、死んでいる!」ので参戦不可能デスカ‥
 ぎゃっふ~ん ><
 今夜のマンガは、世紀末の荒野からお伝えします。(!)

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第132回 「今回は、元・某州知事も参戦しま・・す?w」
本日の1頁目(9/15)
スポンサーサイト


未分類 | 23:59:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。