■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(9/28)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 「実は私って、脇道を歩くのが好きみたいです。」‥ウォッホン! 出だしから一体、何のカミングアウトかと思われてしまいそうデスガ‥^^; アンチ巨人とでも言いますが、時代のメインストリームよりも、その影で頑張っているトコロに目が行くので、ファミコンよりもセガマーク3、ゲームボーイよりもゲームギア、プレステよりもサターン、そして現在はVITAが気にいっている訳です。 コンピュータゲームの歴史では数々のハードが存在してきましたが、それぞれ個人的に良いゲームがあります。

 本日はスーパーファミコン(SF)のベスト5+αについて語りたいと思います。 プラスαというのは、6位以下でも良いゲームは幾つもあるので、「これは!」というタイトルも少し名前を連ねてみます。 今から取り上げるソフトは本来、1本で当ブログ一回分に相当するネタにあふれているので、ネタが無い日の保k‥き・き機会があれば後日、単体で取り上げるかも知れません。 それでは、個人的スーファミベスト5の発表です。

 第五位 : 「グラディウス3」(90年発売、コナミ) アーケード(AC)からの移植タイトルですが、実は私、AC版は大嫌いでした。(!) 1、2の格好良さはドコへいったのやら‥同じ事を三度繰り返しているので内容に飽き始めたのと、激しい敵の攻撃にウンザリしてましたが、SF版はほど良く易しめにアレンジされたのと、パワーアップエディットに優れた装備が入っているオカゲで、遊びやすかったのです。 後ろ2WAYミサイル+ドリルレーザー+ローリングオプション+リデュースで、遊んでいる感覚はスーパースターソルジャーを横画面で遊んでいるみたいになり、グラディウスらしくない遊び方が出来たのが面白かったです。

 第四位 : 「新機動戦記ガンダムWエンドレスデュエル」(96年発売、バンダイ(ナツメが開発)) あの‥家庭用オリジナル対戦格闘ゲームでスーファミとなると、動きか軽くてスカスカ、格闘とは名ばかりでネオジオ格闘とかと比べたら、全くお話にならないレベルが普通で、増してコレは題材的にも格闘向きでない上にキャラクターゲーム‥ダメそうなフラグ全開ですが、実は、とてつもない名作格闘ゲームです。 攻撃を当てた時の手応えが本物で、技もパッドで出し易く、演出も良く出来てたりと‥意外にも素晴しい作品でした。

 第三位 : 「ファイナルファンタジー6」(94年発売、スクウェア) 名作の条件の一つとして私が考えるのは、“理屈抜きに、本能的に身震いする事”です。 緻密に書き込まれたフィールドへ初めて出た時、壮大なBGMと合わせて、ゾクリときました。内容的にも、ほぼ全ての点で極めて高い完成度を誇る傑作です。 FF13とは違う所で、これまた後世に語り継がれるべきゲームだと思います。

 第二位 : 「スターフォックス」(93年発売、任天堂) “ACよりも凄い遊び”とされたTV-CMが印象的で、迫力あるポリゴングラフィックで描かれた、驚異の3Dシューティングゲーム。 LRボタンで左右に機体を傾けて進む感覚‥プレイヤーと画面内の自機の一体感が素晴しい作品。 人気シリーズではない完全新作として登場した本作は、ゲームの新時代を予感させる程の強い主張を感じました。 その存在意義からも、スーファミ史上、三本指に入ると思います。

 第一位 : 「スーパーメトロイド」(94年発売、任天堂) 栄えあるSFベストはコレです。操作感覚、演出、ボリューム、やり込み要素(今時のトロフィーとかではなく、多彩な動きや武器を駆使して手足の様に操れるようになった手応えが、データでは表現出来ない、自分自身の勲章に成ると言えます。 クリアタイムが短いほど、良いエンディングが見れるというシリーズ伝統の仕様で、ベストを目指して何度も挑戦したくなります。)もある、最高傑作の一つに挙げられると思います。

 その他 : 適当に列挙します。^^; 「伝説のオウガバトル」、「メタルマックス2」、「真・女神転生2」、「超魔界村」、「ラッシングビート修羅」、「ポピュラス2」、「妖魔バスター ルカの大冒険」、「スーパーバトルタンク2」辺りでしょうか。 16ビット機時代は、アクション、シューティングに優れるメガドライブ、RPGやシミュレーションに強いスーファミ、美少女(!w)の得意なPCエンジンという傾向が表れていたと思います。

 ヴァルヴァラのスーファミBEST5、如何でしたでしょうか。マリオもドラクエも入ってない、偏ったランキングですが、どれも思い出深い作品達です。 ‥ひとつ、非常に惜しいゲームを紹介します。 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、スーファミ初期のワゴンセール定番ゲーム(w)の「アクトレイザー」です。 イース1,2やベアナックルで有名な、ゲームミュージックの伝道師「古代祐三」さんによるBGMのゲームで、その音色の素晴らしさは、ファイナルファンタジーシリーズのBGM担当の植松さんを震撼させて、FF4の完成目前にして、音源そのものを作り直させたと言う、伝説のエピソードがあったりします。 ‥しかし肝心の内容は‥なにせスーファミでワゴンセール一番乗りでしたのでアレがアレしてソレがs(フェードアウト‥w
 今夜のマンガは、スーファミの思い出に浸ります。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第145回 「Wiiの次に遊ばなかった任天堂ハードかも?w」
本日の1頁目(9/28)
スポンサーサイト


未分類 | 23:50:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
アロハ~
スーファミベスト5をお聞きした者です。早速答えていただきありがとうございます。
スーパーメトロイド面白かったですよね。自分も当時何周もしました。
妖魔バスタールカの大冒険は知らなかったので調べてみましたが面白そうですね。今度中古屋で探してみます。
2012-09-29 土 20:16:30 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad