■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(10/23)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 すみません、昨晩は疲れて寝てしまいました。 それでは気を取り直して、日付は変わりましたが昨日分です。昨日と今日の二日間で続きモノにします。

 当ブログで何度か触れてきましたが、面白くて人気がある、商品価値の高い作品は大抵、シリーズ化されます。 いくら人気があっても毎回同じ事を繰り返していては飽きられてしまう為、シリーズものはどこかで大幅なモデルチェンジを施します。 3か4あたりで改造する事が多く、残念ながら失敗作と思われるのも多くありました。

 先月9月26日から、バーチャルコンソール3DSでヒットシリーズの「ロックマン3」が配信中です。 昨日分はロックマン3を、本日分はロックマン4をめぼしいネタがなかったのd取り扱います。

 アクションゲームファンから絶大な支持を得ているロックマン、初代はホントーに面白かったです。2は更に磨きがかかり、カッコ良く洗練されたゲームで凄く面白かったです。 ‥‥その流れですから当然、3に対する期待感はハンパないものでした‥‥ファミコンで90年に待望の3が、遂にその姿を現しました。 8つのボスが守護する各ステージを任意に選択可能で、全てクリアするとラストエリアであるDr.ワイリーステージへ突入。その中は5面前後に分かれており、最後のボスラッシュ面をクリアするとワイリーとの対決という全体構成はいつも通りです。本作では更に、ワイリー面の前にいくつか選択面が増えるので、ステージ数はシリーズ屈指だったりします。 今回は当時、横スクロールアクションゲームで人気があった新技「スライディング」を覚えた事で、更なる飛躍が期待‥されたハズでした。
 こんな前フリから不穏な表現となっていますが、うーん、残念ながらロックマン3は、個人的には微妙でした。 なんと言うか、嫌な難しさばかりが思い出されてしまうのです。 思い起こすと楽しい記憶ばかりが出てくる1や2とは全く違います。 これまた個人的な感想なのですが、8体のメカのデザインセンスが微妙な気がしますし‥おそらくこれは負の連鎖というか、キツめの難易度で楽しさが感じられなかったからこそ、他の部分までも悪く見えているだけだと思いますが、うーん‥。

 人によって3は難易度が下がったという人もいますが、それはE缶(いつでも使用可能な体力全回復アイテム)が9つまでストック出来るからだと思ってます。 つまりは、E缶で体力が無尽蔵にある事を前提に敵が強くなったのではないか、そう感じてしまう程の高難易度ゲームになっちゃったのです。 実はその辺の感じは、現行機のダウンロード専売タイトルで登場した「ロックマン9」も同様でして‥2の頃は「E缶があると助かる」だったのが、「E缶が無くては話にならない」に変わってしまったのです。 ジャンルは違いますが、縦スクロールシューティングと重なります。 かつて「東亜プラン」というメーカーからタイガーシリーズと呼ばれる縦スクロールシューティングの人気シリーズがリリースされていました。いわゆる、2種類の攻撃方法、ショット+ボンバー型のゲームです。当初のボンバーは、まさしく一撃必殺の高威力で、ボス戦で危なくなったらボンバー一発でクリア、という感じでしたが、次第に、ボンバーの超威力を前提に敵の耐久力が桁外れに上がり始め‥結果、一部のプレイヤーしか楽しめない、悪く言えば閉鎖的なジャンルへ変わった歴史を思い出しました。

 それと、これはあくまでも私個人の印象ですが、アイテム併用した体力にモノを言わせないと進めないバランスというのは、アクションゲームとして苦しい‥というか、ゲームバランスが雑ではないかと思います。 1の時はE缶が無かっただけに、ジャンプひとつ、ショット一発に神経を張り巡らせて遊びました。 初代から難しいゲームには違いありませんが、全国のユーザーを恐怖に陥れたボスキャラ「イエローデビル」も、繰り返しプレイで攻略法を体で覚え、なんとか乗り越えられるだけのバランスが保たれていたからこその名作で、人気シリーズ化したのではないでしょうか。

 すみません。批判的な事ばかり言ってしまいましたが、私はロックマンシリーズは大好きです。 だからこそ、楽しかった思い出が殆どない3は、残念だったのです。 一応フォローすると、本作ではロックマンのピンチに颯爽と現れる謎のロボット「ブルース」が初登場します。鉄腕アトムに対するアストラ聖闘士星矢におけるフェニックス一輝みたいなポジションのキャラでして、なにやら底知れぬ実力を感じます。 ブルースは気まぐれ気味に何度か登場しますが、格好良かったです。そして彼との因縁??は後のシリーズ作品に引き継がれます。
 という訳で、本日のロックマン3、これで終わります。 明日は続けて4を予定しています。
 今夜のマンガは、難易度革命!?ロックマン3デス。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第170回 「忠犬ラッシュも初登場しました。」
本日の1頁目(10/23)
スポンサーサイト


未分類 | 06:33:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。