■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(11/12)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 昨日は問題作(?)のスターソルジャーについて触れましたが、家庭用オリジナルタイトルの良作シューティングゲームについては、PCエンジンのスーパースターソルジャーしか名前を挙げませんでしたので、今夜は家庭用ゲーム機向けに誕生・発展して一時代を築いたゲームについて語ります。

 株式会社コンパイルは、何日か前に書いた通り、「ぷよぷよ」で大成功を収めた広島のゲームメーカーです。 同社は家庭用でも活躍しましたが、以前はおそらく一番力を入れていたプラットフォームがMSXです。 「ディスクステーション」という、雑誌的なバラエティ型のゲームソフトが長らくシリーズ化されて有名でした。 家庭用ではファミコンのディスクシステムでサン電子から発売された「ナゾラーランド」やPCエンジンCDロムロムでビクターが産んだ「ウルトラボックス」、サガサターンでゼネラル・エンタテイメントがリリースした「ゲームウェア」等のシリーズも登場しました。 ミニゲームや他社作品の体験版などのコンテンツが複数入っていて楽しめる形式で、現在ではPC系雑誌に付属する「おまけディスク」に近いものがあります。
 「の~みそコネコネ コンパイル」のキャッチフレーズに相応しい、コミカルでちょっぴりカオスな(!)世界観のシリーズ展開で同社は独自路線を邁進しておりました。

 そんなコンパイルから86年、夏にMSXで、冬にファミコンのディスクシステムで、歴史的な傑作シューティングが発売されました。 それが「ザナック」です。 パワーアップするメイン武器と8種類のサブウェポンを駆使して戦う縦スクロールのシューティングで、派手で強力な攻撃、背景の超高速スクロール、激しい敵の攻撃など、このジャンルはアーケードの“お下がり”が普通だった常識を覆す、家庭用から生まれた素晴しい作品で、後のシューティング(ACも含めて)に多大な影響を与えたという意味では、インベーダー、ゼビウス、スターフォース、グラディウス、達人等にも匹敵したと言えそうです。
 ザナックはシリーズ化され、セガマーク3で88年に発売された「アレスタ」へとシリーズ名を変えて続き、メガドライブで「武者アレスタ」、スーファミで「スーパーアレスタ」といった良作を輩出しました。 2001年には「ザナック×ザナック」のタイトル名でプレステ1にも進出したものの、残念ながら2002年に経営破綻し、解散に至りました。

 ザナック自体、簡単とは言えない内容だったのが、アレスタになると数段難しくなり、敵の激し過ぎる‥というかシツコく延々と続く攻撃は、今考えると、もしかしたらシューティングを一般的に楽しめなくさせた原因の一端となったのかも知れません。 四六時中、画面中が敵と弾だらけに‥w もっとも、殆どの敵弾はこっちの攻撃で打ち消す事が出来るため、現在の弾幕系とはまた違ったプレイ感覚で、戦闘が泥沼化したのです。 ほんの数秒放っておくと、瞬く間に敵だらけになりました。 休む間が無い展開が続くのは遊んでいてもツライです。 ザナックの頃は、激しい場面と、敵が少なくて息抜きできる場面が上手にブレンドされていただけに、勿体無いと思いました。

 アーケード移植ではない家庭用オリジナル人気シューティングは、「ソルジャーシリーズ」「ザナックシリーズ」「サンダーフォースシリーズ」が有名でした。 個人的に好きで、かつ、スターソルジャーや弾幕系みたいに敷居が高くない、幅広く楽しめるシューティングを幾つか挙げると、「ザナック」「スーパースターソルジャー」、そしてX68000からメガドラへ移植された戦車シューティングの「グラナダ」、しかしこれらは、いずれもオールドゲーム。 ここに更にもう一本加えると、当ブログでも以前紹介したプレステ3/360で絶賛配信中の「爆裂軍団レネゲード」をオススメしちゃいます♪ 万人向けではないものの、単に私が好きな家庭用オリジナルシューティングとしては、ファミコンの「ヘクター’87」、メガドラの「ガイアレス」とかもあります。^^;

 今挙げた中で最も古いのはザナックです。 86年という時代は、初代ドラクエ「がんばれゴエモン」「魔界村」「スターソルジャー」といった、後の世で不動の人気を誇る事になる作品の初代や、ナムコ伝説のヒロイン「ワルキューレ」、ゲームでも活躍した「高橋名人の冒険島」等の大物キャラクターが次々と生み出されて発売れた、ファミコンが充実していた年です。 そんな充実期のソフトのひとつに加えられるザナック。
 シューティングが苦手、あるいは最近のは楽しくない、そんなプレイヤーにこそ遊んで欲しいゲームだと思います。 流石に今、ファミコンディスクで遊ぶというのも‥イロイロとアレですし‥プレステストアで配信中の「ザナック×ザナック」をオススメします。 同作はPS3やPSP、VITAでダウンロードして遊べます。 リメイク作「ザナック ネオ」とファミコン版ザナックのカップリング作品です。

  たまには、シューティングが楽しかった頃の名作に触れてみては如何でしょうか? ‥と言ってる私自身が、また遊びたくなってきました。(既に購入済みで、お気に入りのマシン、PSP-Goで何度も遊んだ作品ですw)
 今夜のマンガは、驚愕の超高速スクロールです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第190回 「実はPCエンジンのソルジャーシリーズって、
                              ほとんどザナック系だったりしますw」
本日の1頁目(11/12)
スポンサーサイト


未分類 | 23:44:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。