■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(12/6)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 今夜は残念なお知らせです。 当ブログが日替わり四コマだった頃に一度取り上げた、レトロゲーム「メトロクロス」の続編「エアロクロス」が、やはりと言うか、開発中止の悲報が告げられました。 バンダイナムコゲームスの「ナムコジェネレーションズ」というコーナーで、ダウンロード専売ソフトをリリースしております。 アーケードである意味有名だった「ダンシング アイ」中止に続いての取りやめとなりました。

 メトロクロスは85年にアーケードで登場、翌年の12月にはファミコン版も発売されました。97年にはプレステ1のナムコミュージアムで、360でも2009年発売のミュージアムに収録されています。 ジャンル的には、横スクロール・障害物競走風ランニングレース・アクションという珍しい内容です。 オリンピックゲームのハードル走を、競争相手不在で近未来世界観で障害物やアトラクションが含まれたモノ、という感じです。 レースゲームに似た構成で、制限時間内にゴールまでたどり着けなければゲームオーバーとなります。 1ステージ4ラウンドの8ステージ合計32面と意外と長く、同じステージ内であれば1~3ラウンドまでの残り時間が4ラウンド目に加算される仕組みで、各ステージとも4ラウンドが最も長丁場で難しい為、ステージクリアの鍵は加算タイム次第と言えます。

 見た目の印象はレースゲームには見えませんが、車のゲーム同様、何度も遊んで身体でマップを記憶し、最適ルートを見付けて挑まなくては攻略が難しいです。 実際、適当に遊んでもクリア出来るのはせいぜい1ステージくらいで、全面クリアには修練が必要な高難度タイトル。 コミカルタッチでのほほんとした絵柄とは裏腹に、手強かった記憶があります。 踏むと一定時間の間、タイム経過がストップするアルミ缶や、通常はスリップして大幅に原則するスリップ床の上をスピードが落ちる事なく進めるスケボー、ちゃんと飛べば時間短縮が出来るジャンプ台などのお助けアイテムや仕掛けもあります 中でもクラッカーという、乗ると爆発する床があるのですが、上手く乗るとクラッカージャンプという、ゲームクリアの助けになる大技も散りばめられている作品で、コースも技も習得しながら進む、往年のゲームらしいゲームでした。

 昔のゲームでは、よほど酷いモノを除いて、バグは裏技とも呼ばれ、遊び要素のひとつに認識されていて、本作には「ライン合わせ」という技が存在します。 おそらくこれもバグの一種だと思いますが、コース上のタイルの縁線に足の裏の線を重ねると(スケボーは車輪の軸)、半無敵状態となります。 多分これ、タイルとタイルの境目に居るのでどちらの上にも居ない事になっているのだと思いますが、クリアには必須テクニックとなっていました。 半無敵というのは例外の敵が存在する事と、ただ通常速度だけで進んでいてはクリアが無理だからです。 アルミ缶踏みやジャンプ台、クラッカージャンプも駆使しないと結局、時間が足りなくなってしまうので、同一ライン上にだけいても駄目なのです。 ファミコン版はボーナス点が入る隠しキャラとしてパックマンやディグダグ(堀・泰造さん)が登場し、ゲームを彩りました。
 イマドキのゲームとは違い、容量も少なかったので数種類のタイルの組み合わせで全32面が作られているのでバリエーションが少なく、見た目的にも地味ですが、とても遊び応えのある佳作でした。 機会があれば、本作を一度プレイされては如何でしょうか。 今みたいなトロフィーとかやり込み要素は皆無ですし、データ的に遊んだ進行度が残る訳ではありませんが、体と頭で記憶し、上達してジワジワと進んでいく感覚が楽しかったです。
 また、ファミコン版もかなり移植度が高く、雰囲気が良く再現されていました。

 それだけに、今回の中止は残念でなりません。 開発途中段階での画面からは、同社のガンシューティング「タイムクライシス4」を彷彿させる近未来的世界観と美麗映像で、期待でイッパイでした。 昔のゲームはアイディアが奇抜なのが多かった反面、技術、性能、環境により表現力が限られていたので、今なら凄いモノが出来そうな題材が幾つもあります。 エアロクロスやダンシングアイと同様に、ダウンロード専売タイトルとして開発が発表されて、暫く音沙汰ナシで中止の不安が頭をよぎったものの、ちゃんと発売にこぎつけた、セガの名作アクションシューティング「爆裂軍団レネゲード」みたいな成功例もあります。 レネゲードは最新システムで表現されていましたが、タイプ的にはオールドゲームの匂いが漂います。 
 中止は本当に残念でしたが、今後も、往年作品のリメイク路線は続けて欲しいと思います。
 今夜のマンガは、追悼・傷だらけのランナーです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第214回 「走り続けないとイケナイ宿命!‥人生と似てます^^;」
⇒マンガ未完成です。 溜まった文章が完成次第、取り掛かります。><
スポンサーサイト


未分類 | 00:11:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。