■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(12/10)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 コンピュータゲームのソフトメーカーで、「アークシステムワークス株式会社」をご存知でしょうか? 神奈川は横浜に本社を置く会社で、88年に設立されました。 いちゲームファンとして非常に有り難いメーカーで、最近はすっかり下火になったアーケード用テレビゲームでは「ギルティギア」「ブレイズブルー」といった格闘作品で定評があり、あの「ペルソナ4ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」もアトラスと共同開発しました。 今やアーケードは家庭用ゲーム機よりも上位に居た時代とは変わってしまい、プレイズゲームやプリクラ、メダルゲームが主流で、従来のテレビ画面を使って遊ぶスタイルのゲームは、いくつかの限られたジャンルしかリリースされなくなり、さらに発売するメーカーも随分と減りました。 そんなアーケードで、ナムコ・セガ・カプコン・コナミ・タイトー等の老舗の大手ではないアークシステムが元気な姿を見せてくれるのは、かつてアーケードゲームが大好きだった身としては嬉しいです。

 さらに同社は、もう一つの顔として格安ゲームを積極的に供給しています。 500円や千円程度で買える、リーズナブルな価格のダウンロード専売タイトル達です。 DSや3DSでもお手軽タイトルが続々と発売されています。 内容的には最新マシンのパワー全開なクオリティ‥ではなく、スーファミ時代に多くあった感じの親しみ易いゲームが数多く販売されています。 ソーシャルとは違いますが、ある意味ゲーム機のフィールドにおけるソーシャル的なポジションに位置しており、先日もVITAで多機能音楽プレイヤーソフト「NAX Music Player」を配信開始しました。 基本無料で追加コンテンツが有料という、ケータイによくある形式です。

 あの‥ロープライスだからショボい、格下に見られがちですが、私は同社の格安系ソフトのラインナップは好きです。 最新鋭の作品は映像も綺麗でボリュームタップリで確かに凄いですが、食べ物に例えたらフルコースメニューに該当します。 その路線ばかりでは疲れてしまうので、レトロゲームやシンプルなゲーム、軽い内容でも満足出来る面白いゲームの需要は必ずあると思っていますし、気軽に誰にでも、それでいて充分に遊べるからこそソーシャルゲームは大人気なのですから。

 とは言え、格安路線はアル意味、100円ショップやプライベートブランド商品的で、安いのではなく安物と見られる事も確かにあります。 一流ドコロは、流石のクオリティを発揮しますから、良いモノが欲しい気持ちも当然あります。
 ‥では、安くても一流を楽しめるとしたら如何でしょうか? イイトコ取りで理想的、現実には有り得ないと思われそうですが、実は明後日、かつて名を馳せた有名ブランドが、格安で発売されちゃいます!

 一流と呼べるかはプレイヤーによって評価が分かれるかも知れませんが、昔、アーケードで人気を博し、ファミコンを中心に家庭用ゲーム機でもシリーズ展開された作品に「くにお君」があります。 初代は熱血硬派くにお君という、いわゆるヤンキー漫画的な世界観のアクションゲームです。 ベルトスクロール格闘アクションの創始者とも呼ばれている「くにお君」ですが、ドッヂボール部というスポーツ路線を確立してからは、様々なスポーツや時代劇等、題材や世界観を選ばずに活躍しました。 そのいずれも、初代同様に乱戦で相手を殴る蹴るが主軸になっているので、スカッと爽快感溢れるゲームが多かったと記憶しております。

 そんな「くにお君」には、ライバルの「りき」がおりまして、明後日12月12日からスピンオフ作品「りき伝説」が3DSのダウンロード専売タイトルとして800円で配信販売を開始します。
 昨日のメガマン同様、ファミコンライクなドット絵が何とも、古き良きレトロ感たっぷりでイイ感じです。 公式サイトの情報を見た限りでは、どうやら「りき」の誕生秘話の模様です。 時系列的には初代くにお君よりも古い時代を描いた作品‥ストリートファイターZEROや漫画の「ヤング島 耕作」みたいなカタチですw

 ジャンルがアクションとされているだけでムービーもデモのみ、実際のプレイ画面が不明ながら、そこはやっぱり「くにお君」系列作品、きっとまたしても当たり判定の大雑把なドタバタ・クダグダ格闘路線なのだと思います。ぃえ、褒めているのデスヨw ^^; 実際、テクノスジャパン作品の格闘系は好きでして、1人よりも協力プレイが楽しかったです。 
 一時代を築いた名優が格安で再登場! 何も考えないで白熱しそうな予感がします。
 今夜のマンガは、横スクロール格闘アクションを開拓したテクノスです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第218回 「時代劇くにお君、よく地形に引っかかった様なw」
本日の1頁目(12/10)
スポンサーサイト


未分類 | 05:30:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad