■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(12/17)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 と聞くと、皆様は何を連想されるのでしょうか? 英語でTOWER、タロットカードでは災難や転落を表すとされています。 コンピュータゲームでは同名の高層ビル管理シミュレーションがありました。異様に細かい画面で目がショボショボした過去があります。^^; 塔とは、設置面に対して非常に高さがある建物の事で、ピサの斜塔なんかが分かり易い形状だと思います。
 そして塔は題材的にRPGのダンジョンの舞台にピッタリな事から、多くのゲームでその姿を現しました。 ファミコンでナムコから発売された「バベルの塔」は大好きでした。 イースシリーズでは名所「ダームの塔」がありまして、イースオリジンではゲーム全編、まるごとダームの塔で物語が繰り広げられました。 
 おそらくゲーム界で最も有名な塔と言えば「ドルアーガの塔」で、あのゼビウスを生んだクリエイター、遠藤雅信(現・株式会社ゲームスタジオ代表取締役)さんの作品としても有名です。 84年にアーケードで登場し、翌年にファミコン移植されたRPG的な要素とパズル要素を含むアクションゲームです。 見た目はアクションRPGぽく見えますが、実際はRPGでもなく、アクション性はそれ程高くないという、わりと不思議系ゲームだったと記憶しています。
 ドルアーガの塔は60階建て、あのサンシャイン60と同じ階数を誇ります。偶然ではなく、ドルアーガ開発当時は日本で最高層ビルだったサンシャインと同じ階数に決められたみたいです。 その時代のゲームとしてはかなり壮大な冒険でした。 敵の強さとか以上に、各階に隠された宝箱の入手方法が難解で、十字キーを一定方向に◎秒間押すとか、スタートボタンを押すという奇抜なものまでありました。 その頃はネットなど存在せず、攻略wikiなんてありません! ファミコンでは攻略本がありましたがアーケード当時のプレイヤー達は、情報共有するのではなく、むしろ他人に攻略法を隠して遊ぶ人までいた程でした。 当時のゲームセンターではテーブル型の筐体が基本で、現在みたいな画面が斜めの角度で配置されたアップライト型筐体ではなかったのです。 テーブルですので当然、画面は水平方向を向いています。 照明が移りこんで見辛い為、メタルギアみたいに(!)、ダンボールを被ってプレイする人もおりまして、ゲームセンターによっては、お店側で被り用ダンボール(しかも加工済みw)を用意しているトコロもありました。 その箱を利用してヒミツプレイをする人もいたのです。
 多分、知らない人がプレイしている姿を見たら、何かの冗談かと思われるかも知れませんw ^^;

 本作はバビロニアンキャッスルサーガの第一部とされ、第二部はアーケードにパスワードコンティニューを持ち込んで話題になった「イシターの復活」、第三部はスーファミで発売された「ザ・ブルークリスタルロッド」というスーパーマルチエンディングのアドベンチャーゲームでした。 おぼろげな記憶では確か、この三部作で構成される物語だったと思いましたが、第0部とも呼べる「カイの冒険」や、ケータイアプリ「ドルアーガの迷宮」の登場で次第に曖昧になった感じがします。
 そしてネットRPGゲーム化、TVアニメ化を果たしました。 そんな「ドルアーガの塔」のファミコン版が、明後日19日から3DSのバーチャルコンソールで配信を開始します。 これはもう、ただただ懐かしいです。
 個人的には、PCエンジンでリメイクされたドルアーガが好きでした。斜め上からみた視点で、ファミコンとは違ってダンジョン内の遠近感が良く表現され、登場キャラクターもフィギュアっぽくて新鮮でして、内容は随分と変わりましたが、面白かったです。 興味のある方はどうぞ。

 どうせなら、ただファミコンのをもってくるだけでなく、追加エキストラステージとかがあると良かったと思います。
 今夜のマンガは、ファミコン最古の塔へ登頂します。 あと余談ですが、先日取り扱った「メガマン×ストリートファイター」ですが無事、ダウンロード出来て遊べました。 セーブがない、微妙にバグって終了が強制リセットしてタスクマネージャーから強引に終わらせたりと、若干の挙動不審はあるものの、凄くイイです♪ 平日は時間が足りないので、今週末にでもじっくり攻略したいと思います。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第225回 「げぇ~、ムわぁ ナムコぉぉ~(ゲームオーバー音)」
本日の1頁目(12/17)
スポンサーサイト


未分類 | 23:13:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad