■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(1/3)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 本日は1月3日、私は明日から出勤デスw お正月休みなんてアッという間デシタ^^; 皆様はこの正月、実家に帰られたり親戚と久しぶりに会ったりされたのでしょうか? 出掛けたり人と会って忙しかった人も、そうでない人も、今はケータイや携帯ゲーム機があるので、どこでもゲーム遊びを楽しめる様になりました。 皆で集まった時は何をしますか? TVを囲んで談笑でしょうか、WiiUでスーパーマリオする家もあったのでしょうか。

 パーティゲームと呼ばれる遊びがありますが、昔はスゴロクとかでしたが今はコンピュータゲームがあります。もう新作は出ませんが桃太郎電鉄なんて皆でワイワイ楽しむには丁度良いですね。 そういう作品は、1人でじっくり遊ぶやり込み系ゲームとは対極的な存在で、接待向けゲームとも言えそうです。 ゲームは苦手‥あるいは遊んだ事が無い人もいらっしゃるかと思います。 接待ゲームとはその名の通り、お客さんと一緒に楽しむのに適したソフトの事ですが、実物あるゲームとしてはボードゲームが定番で、桃鉄やいただきストリートみたいにTV画面の中で同様のルールで遊べるモノもありますが、ソコはやっぱりTVゲーム! ボードゲームも面白いですが、どうせなら画面の中でしか実現出来ない内容を楽しみたいです。
 古くは‥随分と昔でファミコン初期作品になりますが、スーパーが付く前の初代「マリオブラザーズ」は、協力プレイよりも対戦ルール化した(いわゆる殺し合いw)方が遥かに熱かったです。 任天堂は昔から、二人同時プレイや多人数プレイ作品に秀作が多かったのです。うーん、もとは花札を作っていたメーカーだったからかも知れませんw^^; ジャンプ動作が独特で飛び移りが難しかったアイスクライマー、協力が凄く楽しかったバルーンファイト、操作が慣れるまで難しいクルクルランド、変なノリと運次第で難易度か変わるデビルワールド等々、任天堂はその昔、アーケードで赤い色の向かい合わせ筐体(VS筐体)でファミコンを逆移植したみたいなゲームが幾つもあったのですが、その頃の協力・対戦アクションゲームは面白かったです。 同社はコミュニティ要素が昔から強く、先日発売されたWiiUでも、多人数プレイが楽しいスーパーマリオやパーティ向け遊園地的ミニゲーム集「ニンテンドーランド」にも脈々とソノ遺伝子は受け継がれております。 その後、協力対戦向きゲームはスポーツゲームが人気となり、ファミコン初期は任天堂が、中期からはナムコが出したファミスタ等のファミリーシリーズに、スーファミ時代にはトンキンハウスがリリースしたスポーツ系がとても良い出来で、日本でJリーグが発足したあたりからはサッカー、野球が定番となりました。

 それが今ではネットゲームが普及しました。 光ファイバーやADSL等のインターネット回線のインフラ整備とケータイの普及・進化の恩恵により、何処でも誰でも誰とでも簡単に通信プレイ可能な環境が整備されました。 ツイッターやニコニコ動画、コミュニティサイト等は一般化し、主にPCではMMOと呼ばれる多人数同時プレイが可能なネットワークRPGも人気を博した結果、今やその場に相手が居なくてもネット上で一緒に遊べる時代になりました。 それはそれで便利ですし、私自身もファンタシースターオンラインで廃人に成りかけた経験もあるので、身をもって面白さが分かります。
 ただ、ネットゲームも大変魅力的ではありますが、ファミコンやスーファミ、メガドライブ、PCエンジン時代に多かった、二人協力プレイのアクションゲームはネトゲとも違う面白さがあったと思います。 直接顔を合わせながら遊ぶ事の楽しさと言うのでしょうか、対戦格闘ゲームもネット対戦とゲームセンターの対戦台とでは感覚が違う様に、直に表情が見合えるからこその面白さもまた、ネットでは変えられない魅力だと思います。

 不思議なもので、1人で遊んでも全然面白くないのに協力プレイだと凄く面白いタイトルもあれば、逆に1人でなければ楽しみ難い作品もありました。 ぁの‥いわゆるクソゲーと呼ばれるゲームって、二人以上で一緒に遊ぶと案外笑える逸品があったりします。ファミコンディスクの「ダーティペア」や、スーファミの「コンバットライブズ」はその典型だと思いました。 アドベンチャーやRPGは、文字を読む速度や楽しむペースが個人個人で異なる為、1人こそ向いています。丁度、面白い漫画も回し読みはしても、一緒に読みませんよね。自分のペースで楽しみたいからです。 
 また、ファイナルファイトやベアナックル等のベルトスクロール型・横スクロール格闘アクション作品は1人と二人以上とでは違った面白さがあるゲームもありました。 対戦は熱いですが、個人的には協力プレイが好きです。 

 コンピュータゲームは内容もプラットフォームも多様化しましたが、基本は1人プレイ向けと多人数プレイ向けに二分されると思います。 今後も多くの作品に触れて楽しみたいです。
 今夜のマンガは、二人同時プレイの秀作ゲームです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第242回 「ボナンザブラザーズも楽しかったです♪」
本日の1頁目(1/3)
 
スポンサーサイト


未分類 | 23:59:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。