■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(2/5)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 ダンジョンRPGと言われたら、何を思い浮かべますか? ローグ? ウィザードリィ? ブラックオニキス? し、渋いデスネ^^; 元々はPC用ソフトとして生まれたジャンル、家庭用ゲーム機でも最初はPC移植系が多かったところ、オリジナルで有名になったのは女神転生でしょうか。 見下ろしフィールド型はドラクエやファイナルファンタジーで一躍、人気ジャンル化しましたが、ダンジョンRPGと言うとマニア向け、難しい、分かり難い等‥話題の中心とはならず、遊ぶ人を選ぶ分野でした。 リアルタッチなものが主流でしたが、最近はゲームのトレンドとしてキャラクター性の強調され、前はカタチだけだったシナリオ面も、今では物語を読む様な感じでドラマティックに成りました。
 次第に絵柄もコミカルなもの、明るいイメージの作品が出始めたのです。 DS⇒3DSへと続く人気シリーズ「世界樹の迷宮」やDS⇒PSPと続いている「セブンスドラゴン」等は頭でっかちにディフォルメされてライトタッチな絵柄です。 豊富なキャラクターメイキングやカスタマイズ機能、テンポよい展開、やり込み要素充実と、このジャンルでは初期からあった魅力を残しつつ、最近の傾向を上手く織り交ぜて作られ、ダンジョンRPGの集大成的な感じに仕上がってきたと思います。

 そんなライト風味のダンジョンRPGがまた一つ、携帯機に登場します。 PS-VITA用ソフトでサイバーフロントより4月25日発売予定「迷宮クロスブラッド インフィニティ」です。 2008年にPC用ゲームとして株式会社エクスペリエンスのチームムラマサが製作した「ジェネレーション・エクス」という3DダンジョンRPGがありまして、エクスシリーズから独立して誕生したのが2010年発売の「迷宮クロスブラッド」です。翌年にはXBOX360にも移植されましたが、ボリュームアップして登場するのがVITA版のインフィニティなのです。
 ⇒本作の公式HPはコチラ

 このエクスペリエンスというメーカー、つい先日、これまたVITAで「デモンゲイズ」を発売したばかり。 デモンゲイズは好評セールス中ですが、本作同様に明るいイメージと深い内容がマッチしたダンジョンRPGです。 本作はHPや紹介記事をみた限り、イベントグラフィックがまるでアドベンチャーゲームみたいに描き込まれています。 今風にキャラクターメイキングは充実しており、ネットRPGのアバター制作に引けをとりません。
 そして本作の魅力は、ダンジョン内ではセーブが出来ない事です! 疑問に‥不便に思う人が居るかも知れませんが、同ジャンルの開祖・ウィザードリィではお馴染みのシステムでして、緊張感や達成感を高める為の手段となっています。 いつでも簡単に保存可能でやり直しがきくのではなく、敢えて排除する事で、町まで安全に帰らなくてはなりません。 
「遠足は、家に帰るまでが遠足です。」小学校の先生ではありませんが、良い緊張感を感じられると思います。

 現在は数多くのプラットフォームで無数のゲームが存在するので、内容の軽い、短時間で遊べるゲームも良いですが、長く深くじっくりと遊べるダンジョンRPGもまた、面白いです。 しかし、以前はジックリ系RPGは家で遊ぶという傾向が強かったと思いますが、今は携帯機が主流に変わったのですね。
 今夜のマンガは、何処でも深く遊べる携帯機ダンジョンRPGです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第275回 「短い時間で遊べるRPGが欲しいです。
                    ほぇ?惑星ウッドス‥? はて、何の事でしょうかw」
本日の1頁目(2/5)
スポンサーサイト


未分類 | 00:05:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。