■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(2/23)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 最近はパッケージで発売されたゲームソフトが、暫く後、数ヵ月後にダウンロード販売される事が増えてきました。 DL版は中古屋さんに売る事が出来ない代わり、ユーザーはソフトを入れ替える手間が省け、実物が無いので置く場所に困らない、メーカーはパッケージを追加で作らなくても売り切れ自体がない、DL専売であれば在庫という概念そのものが要らなくなるという特徴があります。
 もっとも、価格的にはやはり現物の方が安く手に入ったり、コレクションとしてパッケージを所持していたいという願望もあります。 今はケータイ用アプリが大ヒットした影響で、データのみを購入するDL販売形式も普通になったと思います。

 当ブログで前に採り上げた、3DSの「ギルド01」は4本のゲームが入ってますが、現在は4つとも個別ダウンロード販売されています。全て欲しい場合はパッケージを中古で買った方が安くなりますが、ある意味コレは抱き合わせみたいなカタチなので、欲しいタイトルのみを購入出来るのは便利です。 そして01が作られた時点で、次回作‥というより第二期という感じの「ギルド02」の予定がありましたが、そのタイトルが明らかになりました。

 今回はパッケージ販売は無く、1本800円相当で、全3本の予定です。 という事は今回の「ギルド02」はタイトル名ではなく、第二シーズンの総称的な扱いになる模様です。 それで、3本というのは‥

①「怪獣が出る金曜日」3月13日配信開始 制作スタッフの代表作:ぼくのなつやすみシリーズ
 子供の頃TVで見たウルトラマンみたいな、懐かしい昭和の町並み、のどかな田園風景‥そんな中で繰り広げられる、怪獣との激闘(??)。 何故か毎週金曜日に怪獣が出現するという、TV番組的な世界、怪獣題材とは思えナイ、心温まる系のシナリオみたいです。 本作とは何の関係もありませんが、データイーストがファミコンで発売した「大怪獣デブラス」を思い出しました。 もっともデブラスはウォーシミュレーションでして、スパロボを変にした様な内容でしたガw
 タイトルロゴも、ウルトラマン的な雰囲気です。 緊迫しているのか、シュールなのかワケが分からない世界はむしろ楽しみです。

③「宇宙船ダムレイ号」3月27日配信開始 制作スタッフの代表作:弟切草、かまいたちの夜、街など
 ここはドコ? 私はダレ? ‥記憶喪失の主人公のアドベンチャーゲーム。 以上。 って、あのー、公開されているのはその程度デス。タイトルから、宇宙モノである事には違いないのでしょうが、他は何も明かされていません。 ゲーム内容自体も、そもそも自分が何者で何をするのかも不明とされています。 孤独感を助長する閉鎖世界‥ファミコンのディスクシステムで「デッドゾーン」というアドベンチャーがありましたが、イントロ部分は近いものを感じます。 もっとも、アッチは開始直後に表れて主人公をサポートするロボットの「キャリー、どえ~す」が不安も緊張も、全て持っていかれた感がありましたガw

②「虫けら戦車」3月19日配信開始 制作主導:稲船敬二さん
 何故2番が最後なのかと言うと、個人的に一番期待しているクリエイター・稲船さん作品だからです。 「ロックマン」やVITA用最新作「ソウル サクリファイス」で知られる同氏ですが、タイトルの“虫けら”が、本来は綺麗な言葉ではないハズなのに、どこかセンスを感じます。 ミクロ化した戦車に乗って、巨大(相対的に、そう見える)昆虫との戦いを描いた不思議なファンタジー作品。 地球防衛軍シリーズに通じるものがあります(ソッチは実際に巨大昆虫ですが)。 シンプルな印象ですが、説明からも、どうやら戦車を動かす事が気持ちよい模様です。 超一流アクションというのは、マリオ、カービィ、イース、PC原人‥ただ動かすだけで楽しかったりします。 詳細は不明ながら、楽しみです。

 以上の参作品ですが、公式HPですら簡単な概要説明しかなく(丁度、パッケージの裏に書かれる程度の内容)、それでいてシリーズの配信開始まで半月ちょっとと迫っております。 事前情報がほとんどないまま、実際に遊んでみるまで何が飛び出すか分からない所は、ある意味レトロゲーム時代に重なります。 昔は、ゲームの情報を遊ぶ前に知る機会が殆どなかったのです。 私的には、予備知識なしに触れたほうがゲームを隅々まで楽しめると思うので良いと思います。 たいしたアナウンスなく発売して、どの程度売れる‥遊ぶ人がいるのかは不明ですので、売り方としては間違っているのかも知れませんが、私は歓迎します。 昔のクチコミと違い、今はネット上で作品の感想や評価を誰でも発信する時代。 願わくば、高評価でジワジワと多くの人に楽しまれるゲームになって欲しいと思います。
 今夜のマンガは、ギルド拡大中です。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第293回 「物語だって、最初にクライマックスシーンを
                        覗いたら、ツマラナくなりませんか?」
本日の1頁目(2/23)
スポンサーサイト


未分類 | 11:08:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。