■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(3/27)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 本日もヤッパリ往年のアーケード作品です。 個人的に大好きなメーカー、ジャレコは80年代~90年代前半の頃は秀作が幾つもありました。 同じ傾向は他社も一緒で、その頃まではビデオゲームらしいゲームが遊べた印象が強いです。 90年代半ばからはUFOキャッチャーや、その他景品を取るプライズ系とプリクラがゲームセンターの入り口を固め、メダルゲームが幅を利かせ、隅に追いやられたビデオゲームは対戦格闘ばかり‥‥そして現在は大型筐体が少しだけ置かれる程度で、TV画面のあるビデオゲーム自体が姿を消しかけてます。

 89年に発売された「プラスアルファ」は、同社としては珍しい、普通の縦スクロールシューティング。 数段階にパワーアップする三種類のメイン武器を切り替えて進み、ピンチの時は一撃必殺のボンバーという、東亜プランのタイガーシリーズや「達人」等でお馴染みのシステム。 本作で一番の特徴は、ジャレコらしい、SF+メルヘンチックな絵柄、幻想的でカラフルな背景、美少女パイロットが搭乗する、丸っこくて可愛い感じの戦闘機「プーペラ」に乗って戦うトコロ。 このジャンルにしては難易度は比較的易しめで、シューティングとしてのキワドい攻防よりも、色鮮やかでバリエーション豊かな背景と、清々しいBGMを楽しむ余裕がありました。 当時は今と違ってピコピコする電子音のイメージが強かったコンピュータ・ゲームミュージックのCDが出始めた頃で、88年に株式会社ポニーキャニオンが「サイトロン・レーベル」というブランド名でCDがリリースされてました。 本作は1500シリーズという、1,500円と言う低価格で主にアーケードゲームのサウンドトラックが収録されたCDが発売されており、そよ風の様な心地良い楽曲を何度も聴いてました。

 題材的には、普通に家庭用ゲーム機に移植されても良さそうだったのに、何故かこれまた、ダークシール2やアウトフォクシーズ同様、移植版が一切ないアーケード固有タイトルだったのです。
 もっとも、本作は似た系統の作品として、同社から後に「ゲーム天国」がリリースされて、家庭用にも移植されました。 シリーズ作ではないものの、ゲームの原型はプラスアルファだったとも言えそうです。 そして正統な続編ですが‥‥実は在りました。 ケータイアプリで。 当ブログで何度か採り上げてきた、ジャレコが以前、配信していたケータイアプリサイト「ジャレコギャレッソ」で、本作の続編「プラスベータ」が出ています。 ‥出てはいますガ、主人公がセリアさんである事以外は、ほとんど別物で、シューティング向きとは到底思えないケータイ操作ですから、プレイしても楽しさとかは残念ながら感じられず、初代の思い出を記憶から引っ張り出して、雰囲気だけ味わう‥という程度でした。 あるいはコレまた、「スタジオるんば」からPCで遊べる日が、いつか実現すると‥嬉しいですネ。^^;

 ステージクリア後は獲得したアイテムの個数次第で、パネル絵合わせに挑戦出来て、絵が揃うと何らかのボーナスが付与される小遊びがあって楽しかったです。 レトロ系ゲームセンターでは、たまには見かけるかも知れませんので、是非イヤホン端子を活用して(そのゲーム台に搭載されていれば)、爽やかなBGMに包まれながら遊んでみては如何でしょうか。
 今夜のマンガは、往年の爽やか系シューティング(?)で遊びます。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第325回 「BGM単独で聴いても心地良かったです♪」
本日の1頁目(3/27)
スポンサーサイト


未分類 | 06:58:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad