■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(4/7)
   アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 これまで何度が触れてきましたが、家庭用ゲーム機ではレーティング制度が導入・整備されてCERO表示が普通になりました。 ファミコン時代は、「ファミ倫」と呼ばれる独自の表現規制があったのですが、その後はハードによってマチマチで、規制の必要がなさそうなモノが制限されたり、何故これが制限されていないのか謎なモノまであったりします。 昔は主に性的表現に関する内容が主だったと記憶してますが、ハード性能が上がる事で、特にグラフィックが綺麗に成るとリアル路線が出始めて、絵も動きもリアルになると、ゲームは本来、架空世界の領域にあったハズなのに、実際に目の前で起こったかの様な表現が可能となり...結果、2D絵の頃は性的表現が主な規制対象だったのが、3Dでは暴力や残酷表現に変わったと感じます。
 ゲームで言う「1ミス」はプレイヤーが操作するキャラクターが生物の場合、死亡した事になりますが、昔のゲームでは死亡という程の重さは表される事なく、点滅して消えるとか、「ヤラレチャッタ顔」で倒れる程度だったのが、今では鮮血おびただしく、手足もアレしてソレして...酷い事になってマス。Σ( ̄▽ ̄;)

 残酷さに関して言えば、ゲームという架空世界に限らず実社会でも、人類の歴史上には拷問道具や処刑道具という、なんとも悪趣味で危険極まりないモノが実在しました。 最も有名なのは、死刑執行に使われている電気椅子や、西洋で使用されたギロチンでしょうか。 他にも、ファラリスの雄牛牛裂き等々...時には見せしめとして、あるいは歪んだ楽しみとして(!)数々の品や手段が存在したとされてます。 かの石川五右衛門が送られた釜茹なんていうのもありましたネ。

 そう言えばゲームでは、「悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」の中に、接触したら閉じ込められて大ダメージを受けるトラップ障害物で、内側にトゲが付いた人型の棺桶みたいなのが出てました。 アレも実在してます。
 変わりダネとしては。米アタリ社が開発した対戦格闘ゲーム「ピットファイター」でしょうか。スト2系ではなく、ナナメ上から見下ろし視点、奥行きあるフィールドで繰り広げられる死闘と、先日取り扱った「アウトフォクシーズ」にも通じる妙なノリですが、「残虐行為手当」という名の技術報酬(!W)があったのデス! しかしてその内容は‥単なるボーナス得点で、訳すのを間違えただけっぽいデスガw
 現在はCGが進化し、アサシンクリード3やファークライ3、トゥームレイダー等、主に海外タイトルで残酷性の高い写実的な表現が横行してます。 ウチの子に、そんなモノは見せられない‥! と考える親御さんが大多数を占めると思われます‥ガッ!
 ‥実はゲーム界には面白い法則があったりします。 グリム童話をはじめとする、世界の童話は幼児向けとしては信じられない程、意外と残酷な話が多い事が知られていますが、昔のゲームって、丸っこくディフォルメされた(というより、当時はリアルなもの自体作れなかった)可愛らしいキャラクター達を動かして、敵をやっつける‥思わずホッコリしそうな雰囲気に溢れてますが、もしも現実に起こったとしたら、かなり酷い事をしている事例が在る事は、当ブログでも何度か触れてキタ通りです。
 それでは折角なので、ギロチンやファラリスの雄牛さえも凌ぐインパクト絶大な、ゲーム界の残虐行為を幾つか採り上げてみます。

・エントリーNo.1 「撲殺死」(妖精物語ロッドランド)
 愛らしい姿、妖精の子供リット&タムが行使すル、ばイおレンす劇場! 敵モンスターを魔法の杖で捕獲した後、何度も何度も床に叩きつけ、物理的に破壊して死に至らしめるという‥原始的かつ危険な惨劇(!!)

・エントリーNo.2 「破裂死」(ディグダグ)
 モリを敵に打ち込み、ポンプでシュコシュコと‥自転車の空気入れの如くエアーを送り込ミ、物理的に膨張し、遂には張り裂け引き千切られて殺害せシめル、単純明快で、ヤってはイケナイ非道(!!!)

・エントリーNo.3 「咀嚼・消化‥そして滅」(星のカービィ)
 子供達の人気者カービィ♪ 私も大好きです♪ ‥‥ガッ!しかし! ‥よくよく考えてみると、このコ‥敵を丸飲みすルのデスよ。噛み砕いて咀嚼 ⇒ 消化 すルと言う、ナンて立派な肉食獣っぷり!w ついでに相手の能力さえも奪い取って自分のモノにすル欲張り屋さん♪ そして価値の無い能力は無視するという‥案外クレバーな一面も合わせ持つw(!!!!)

・エントリーNo.4 「一子相伝の暗殺拳法」(北斗の拳)
 行使者ワ、もちロん「ケンシロウ氏」! 原作は漫画ながら、殺傷のエキスパートという事でノミネート。 指先ひとつでダウン‥ではなく相手は体内から爆発して死に至らしめると言う、ハタ迷惑な通りすがり!
 行使対象がイケメンの時は「リア充、爆発しロッ!(声:神谷 明)という捨てセリフを聞いた人が居るとかいないとか‥w

 という訳で、例によってグダグd‥でなく、最近のゲームは残酷性が強調されチャッテますが、よく考えると昔のゲームも結構凄かったと思います。 果たしてこの先、どんな手法が登場するノでショうか‥?w
 今夜のマンガは、身の毛もよだつ、○○○デス。
 
ヴァル=ヴァラのゲームNews 第335回 「最も痛いのはどれでしょうか。^^;」
本日の1頁目(4/7)
スポンサーサイト


未分類 | 20:52:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad