■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(5/12)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 いよいよ発売日が来週に迫ってまいりました。 羨望の品「真・女神転生4」が5月23日木曜日に登場‥‥ゲホン!間違えました。 本日のネタは同日に発売予定の「バイオハザードリベレーションズ アンベールドエディション」です。 あの‥12日と言っておきながら14日現在書いてますw という訳で、発売直前ながら14日からPS3/360/WiiU/PCの四機種で体験版の配信が始まりました。 早速ダウンロードして遊んでみました♪

 本作は2012年1月に3DSオリジナルのバイオハザードシリーズ作品として発売されたリベレーションズの据え置き機逆輸入・アッパーバージョンです。 バイオリベは私のHPでも取り上げたのですが、個人的に現状で3DSベストソフトだと思ってます。 ‥ほほ、私はマリオもモンハンも動物森も遊びませんし‥w ^^;

 バイオハザードは1が怪しい洋館で繰り広げられる物語で、2、3では夜の街に舞台が移り、4、5になると日の差す明るい屋外になりました。 6では再び夜の街となりましたが、基本的に2以降はフィールドが拡大し続けました。 それはそれで格好良いので好きではあるものの、洋館の持つ閉鎖的で荒廃した雰囲気は独特の魅力があったのも事実。 そしてリベレーションズはナンバリングタイトルではありませんが、原点回帰とも銘打たれて登場したゲームで、豪華客船が舞台と、洋館にも引けをとらない閉鎖空間の恐怖が蘇ってきた記念すべきタイトルでした。 VITAの「みんなのゴルフ6」や「初音ミク プロジェクトDIVA~f」等と同様、最近の携帯機用ゲームはクオリティが高いので、後に据え置き機に移植されると言う逆転現象が起こっています。 携帯ゲーム機も出始め‥白黒ゲームボーイやゲームギアの時代は、あくまでもメインストリームは据え置き機で、携帯機の映像はショボく、所詮はTVゲームの代用品の域を出ませんでした。 ラインナップされるタイトルも据え置きの廉価版的な内容が殆どで、名前も「ナントカ外伝」とかが多かっただけに、現在の携帯ゲーム機は凄くなったと実感します。

 そんなバイオリベ、恐怖感が高く、内容的にも大満足で、素晴しい限りでしたが、ひとつだけ素朴な疑問がありました。
「‥なんで携帯機なの?」
 いくらクオリティが高いと言っても、性能では携帯機はあくまでも携帯機でしかありません。 PS3も360も、携帯マシンに比べると明らかに大きな本体、消費電力も高く、冷却ファンが唸りをあげてウルサかったり、アダプターが馬鹿デカかったりしますが、それだけマシンパワーに溢れているのですから、本シリーズみたいに、映像力の比重が高いゲームにとって、どう考えても据え置きで出すべきだったのです。 小さいながらも素晴しくて遊び尽くした私が言うのもナンですが、手軽さには優れる携帯機でも、画面の大きさが物理的に差がある事も踏まえて、映像の美しさはやはり据え置き機にはかないません。 バイオシリーズでいえば、バイオ6はトテツモない美麗映像ですが、それだけでなく大画面だからこそ、一画面内により多くの要素を盛り込む事が可能です。 いくらリベが凄くても、携帯機の小さな画面な訳ですから、表現には限度があります。 あるいはエクストルーパーズみたいに、最初から携帯機と据え置き機で両方同時発売とかでも良かったのではないでしょうか?

 今回の体験版、あくまで体験でしかなく、大画面で緻密に描き込まれたグラフィックを堪能するだけに留まってます。 ひとつ気になった‥と言うか特徴的に感じたのは、敵キャラが画面内にデカく表示されますネ。 元が携帯機だからこそ、小さい画面でも迫力を演出するために必要な措置だったと思いますが、大画面液晶で遊んでみると‥
‥敵さーん、顔が近い近い近いチカイw! って感じがしました。^^; ある意味、面白い部分かも知れませんw

 新作ではなく、あくまでも上位機種へのアッパーバージョン! ‥ですが私、困った事に体験版を遊んでみたら、欲しくなりましたw そんなに長時間かかるシナリオではありませんが、ゲームする時間が足りなくて、バイオ6ですら頓挫している状況なのに‥思わぬ誘惑がキチャいましたネ! ^^; 完全新作ではないからか、定価4,990円と若干安めです。 据え置きの新作大作ソフトとかですと8000円も9000円もして高いものが往々にしてある現状では、嬉しいミドルプライスだと思います。 シナリオ本編ではなく、オマケのアクションRPGチックなレイドモード限定で、リベレーションズのチョイ役だった「レイチェル」や、シリーズでお馴染みのチョイ悪だった「ハンク」も参戦。 売り上げ次第では、さらなる追加キャラやコンテンツも登場しそうです。
 3DS版を未体験で興味ある方がいらっしゃいましたら、上位版のアンベールドエディションを遊んでみては如何でしょうか。
 今夜のマンガは、怖さではシリーズで1、2を争うリベレーションズHDの世界です。
 
ヴァル=ヴァラのゲームNews 第370回 「クリスさんの水夫姿‥一体ナニがw」 
本日の1頁目(5/12)
スポンサーサイト


未分類 | 00:00:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。