■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(5/15)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 昨日の続きで、今夜はセガの「ソニックアドベンチャー」をお送りします。 98年にドリームキャスト用ソフトとして発売された本作、初代のメガドライブ時代とは大きく様変わりし、プレステ1、2に牽引されるカタチでポリゴンで描かれた3D映像が主流となり、スーパーマリオ系ソフトだった初代とは全く違う、完全3Dアクション化しました。 初代は速過ぎるスピードが仇となり、画面内がとっても狭く感じて活かせていない気がしていただけに、このソニアドはジャンル的にも待ちに待った本当のソニックでした。

 3D作品、今ではモンハンやゴッドイーター等ハンティング作品や、ネットゲームのPSOシリーズとかが普通にありますが、個人的には昔の2Dゲームに比べて難しいと言うか、メンド臭い印象が強くなったと思います。 それは、自分の移動と攻撃判定の距離感、操作感覚が玄人向けである事が原因で、好きな人には堪らなくても、かなり遊ぶ人を選ぶ内容なトコロです。 より多くの人に楽しまれるには、ワケわからない長くてウザ‥‥深い設定とかで語るのではなく、内容はシンプルで直感的にも分かりやすく、純粋に遊んでいて気持ちイイ事が絶対条件です。

 ソニックはハリネズミ、攻撃方法は自身の針だらけの身体を活かした体当たり、スピンアタックです。2D時代のソニックはマリオと同じで敵の頭上に乗る(これもスピンアタックのバリエーションのひとつですが)という、ストリートファイターの悪の総帥ベガさんドヤ顔で出す、権力と趣味のカタマリの技「ヘッドプレスw」と、ダッシュアタックでした。 同じ事を3D世界で行うと、単純にフィールドが広くなったぶん、攻撃を当てるのが難しくなりそうですが、本作のソニックは進化しており、敵を自動追尾してアタックするホーミング能力を身につけました。 3D空間の広大さ、開放感を味わいつつ、攻撃自体は簡単になったという、素晴しい進化を遂げたと思います。
 また、本作は製作チームが、その名の通り「ソニックチーム」です。ファンタシースターオンラインで有名になる同チーム作品だけに、その3D映像空間の出来は、ただ進む道が立体視点でみえるとかに留まらず、後のアサシンクリードみたいなオープンワールドとも呼べそうな、ひとつの町がまるごと立体で存在している凄い世界だったのです。 思いっきりハイスピードで自在に走り回るソニックの脚力が存分に発揮出来る世界で、初代から感じていた、面白いのは間違いなくとも、なんだか画面が狭くて窮屈な感じが、ここにきて完全に取り払われました。
 こう言ってはなんですが、2D世界のソニックは籠の中の鳥みたいなモノで、狭くて狭くて仕方なかったのだと実感しました。 敵や自然災害に追いかけられて、高速で逃げるシーンなどは、2Dでは絶対に表現出来なかったと思います。

 ‥ただし本作、立体世界は素晴しいのですが、ゲーム的に問題が無いわけでもなく‥‥タイトル通り、シナリオはアドベンチャーゲームみたいに進行します。 広い世界はソニックの足は活かせる反面、次に何処へ行くのか分かり難いのが案外面倒で‥本作が初代みたいな絶対的な傑作として世間に認知されなかったのも、ストーリー進行部分の煩わしさが原因ではないかと思います。 たぶんソニックという世界は、人との会話で語られる物語よりも、雨に降られたり雪崩にあったり爆発に巻き込まれたりと、実際に物理的なイベントに遭遇するカタチをメインにしたほうが良かった気がします。 ついでに言うと本作のシナリオは意外と暗かったりしますw^^;

 うーん、勿体ないです。 単純明快で爽快なアクションを売りにするのであれば、あまり設定セッテイが表に出てくるべきではないと思います。 キャラクター名、主人公は勿論ソニックですが、フルネームでは「ソニック・ザ・ヘッジホック」です。 ここまでは良いのですが、相棒の科学者キツネのテイルスは、テイルズオブシリーz‥ではなくっ!w 本名は何故か「マイルス・バウアー」といいます。 イナバウアーの親戚みたいな聞きなれない名前ですが、どなたかご存知の方いらっしゃいましたカ?w 「ナックルズ・ザ・エキドゥナ」や「エミー・ローズ」はまだマトモですが、あまり分かり難い名前は感心できません。^^; 例えば、最近は主人公としても脚光を浴びつつあるマリオの影的なポジションだった「ルイージ」が、実は「ルーうんたらかんたら・なんとかかんとか四世」とかだったらガックリきませんか?

 そんな感じで、ソニックのスピードを活かす見事なオープンワールドを体現したにも関わらず、どこかバランスが悪くて残念な傑作(矛盾w)となったソニアドですが、現行機では配信もされています。 アクション部分だけは名作なので、興味がありましたら如何でしょうか。
 今夜のマンガは、制御不能の音速ハリネズミです。
 
ヴァル=ヴァラのゲームNews 第373回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 06:44:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。