■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日の四コマ(6/13)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 コンピュータゲームの総合情報誌として“ゲーム雑誌”があります。数あるゲーム誌の中でダントツの歴史、発行部数、知名度を持つのが「週刊ファミ通(株式会社エンターブレイン刊行)」です。本屋だけでなくコンビニや駅の売店でも売られているのは、人気商品の証だと思います。

 ゲーム誌の歴史は82年までさかのぼります。「ログイン」や「コンプティーク」等、最初はPCゲーム誌でしたが、家庭用ゲーム専門誌は85年に徳間書店が創刊した「ファミリーコンピュータMagazine」から始まりました。出版大手アスキー、角川、徳間書店等を中心に展開され、誕生した数々の雑誌の多くは休刊・廃刊し、現在では角川グループが市場をほぼ独占しております。(ファミ通のエンターブレインも角川傘下)

 インターネットに大概の情報は集まる現代、即時性の高い記事や攻略情報、データベース的な内容は雑誌を見なくてもネットで充分、手に入りますし、動画は紙面では動きません。付録CD-ROMに動画を入れる方法もありますが、それもイロイロと大変です。敢えて書籍物にするのは、実物を所持する嬉しさや、一枚いちまい、ページをめくって読む行為自体の持つ魅力、そして多岐に渡る情報をイチイチ検索しなくてもコレ一冊に集約されている便利さがあるからではないかと思います。ですから、ゲームに限らず雑誌や新聞が電子データに全て取って代わられる時代は来ないと予想しますが、同時にそれは、雑誌としての価値が高い物でなければ生き残れない、と言うのが現実ではないでしょうか。

 そんな折、ファミ通以外にもゲーム誌を幾つも刊行するエンターブレインから、なんとPS-VITA専門誌「ファミ通PS VITA」が登場します。明日、あの「ペルソナ4ザ・ゴールデン」と同時発売!そして第一号の表紙は、そのペルソナです。実は私、同シリーズは一本もマトモに遊んだ事が無いのですが、ペルソナ(特に4)の求心力の高さには驚かされます。アスキーメディアワークスから「ペルソナマガジン」という、ペルソナ専門誌が刊行されているのですよ!しかも月刊誌です。8号まで発売済みですが、ネタが尽きないのでしょうかね? 対戦格闘ゲーム全盛期には「ネオジオフリーク」という私が好きだったネオジオ専門誌があったのですが、無理に月刊化したのが仇となり、晩年は需要の低そうな攻略情報が多く、悪く表現すると“ページを埋めていた”印象でした。今更ですが不定期刊行にすべきだったと思います。

 新雑誌が立ち上がった以上、あっさり廃刊‥‥は寂しいので、応援しますし続いて欲しいです。取り敢えず定期刊行の記載はない様なのでホッとしました。 ^^;

 えと‥880円ですか、少々高いですね。残念ながら存在感が今一歩なVITAですし、発売済み全ソフトカタログも特集されると言う事で、宣伝効果を高める意味でも、創刊号だけは特別価格で安く(そういう雑誌、ありますよね)したほうが良いかと思いましたが‥‥何はともあれ、VITAの本当の戦いは、これからデス! ぁ、ぃぇ‥ジャンプの打ち切りではありません。w

 今夜の四コマは、ファミ通VITAがテーマです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第38回 「ペルソナマガジン最新号発ば‥でなく、
                                     ファミ通VITA創刊です!w」
本日の四コマ(6/13)
スポンサーサイト


未分類 | 23:48:52 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【本日の四コマ(6/13)】
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。 コンピュータゲームの総合情報誌として“ゲーム雑誌”があります。数あるゲーム誌の中でダントツの歴史、発行部数、知名度を持つのが「週刊フ...
2012-06-19 Tue 01:53:42 | まとめwoネタ速neo

FC2Ad