■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(6/9)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 皆様は最近、格闘ゲームって遊んでますか? 今から15年くらい前は、スト2に始まった対戦型格闘ゲームがブームで、ほぼ格闘専用ハードと化していたSNKのネオジオ系も勢いがあり、現在のカードバトルやハンティング、スローライフゲーム等と同じ位の人気ジャンルにあり、アーケード中心に展開されていました。 出だしこそ複雑なコマンド入力技をひとつ覚えれば通用したのが、次第に対戦の密度が濃く、システムと駆け引きが高度化した結果、一部の固定ファンしか楽しめない残念な分野となってしまいました。
 では、そんな格闘作品の中でも、比較的誰でも楽しめたゲームは、どのタイトルだったのでしょうか。 スト2やKOF‥‥いわゆる2D格闘は基本、技を出す為には複雑なコマンド入力が必要なうえ、使用するボタンの数も多いので一般的とは言えませんでした。 ボタンが6個も並んでる時点で、好きな人以外は手元を見ないと自分がどのボタンを押しているのかさえ判らなくなる程に難しく、結局のトコロ、適当に押すか使うボタンを制限して遊ぶしかなくなってしまいます。 派手な必殺技は思った通りには出せず、押せるボタンも少ないので攻撃のバリエーションも少なく、そもそも初心者にはガード自体が難しくて敷居が高かったりします。

 そこで登場したのが、バーチャファイター、鉄拳に始まったポリゴン3D格闘です。 使うボタンは3つか4つ程度で、多少は2D格闘風なコマンド技もあるものの、レバー入力とボタンの組み合わせで攻撃バリエーションが主に上段中段下段に分かれ、ワリと直感的に操作出来るので初心者や苦手な人でもソコソコ楽しめる内容だったのです。 それでもヤッパリ、徐々に対戦内容が高度化して上級者との実力格差は開く一方だったりしますガw セガがバーチャを産み、すぐにナムコが鉄拳で追走し、テクモがDOAで少し違う路線へ進んでキタw3D格闘ですが、最も多くシリーズ化されたのが鉄拳シリーズです。 ついでにナムコは、鉄拳で培ったノウハウを活かして、武器を所持して対戦するソウルキャリバーという副産物もあります。 バーチャも先駆者として頑張ったとは思いますが、鉄拳は登場キャラクターの数、シリーズの多さ、そして実写映画化、CG映画化という功績もあり、知名度は最も高い3D格闘となりました。(バーチャも一応、TVアニメ化を果たしましたが)

 そんな鉄拳ですが、かなり唐突に、来週6月12日からPS3で「鉄拳レボリューション」が配信される事になりました。 配信専売ではなく、基本プレイ無料というソーシャル的な供給方式です。
 ⇒トレーラー映像はコチラから

 初期キャラクターは8名となっており、紹介映像からは初代の主人公「三島一八」、3の主人公「風間 仁」、オールドメンバーから「ポール・フェニックス」等が、気になるヒロイン(?)は関西弁ファイター「風間飛鳥」と、セレブファイター「リリ」が、ラースやアリサ等、比較的最近のシリーズ作品からの登場が多い模様。 と言っても鉄拳シリーズはアーケードではタイムリリースキャラで続々と追加参戦したりと、KOFが開催出来そうなくらい大所帯なので、おそらくはユーザーの反応をみながらの小出し追加式になるものと思われます。 キャラクターの成長要素もあるみたいで、熱心な格闘ゲームファンからは疑問符が浮かんでますが、そもそも本作自体が突然の発表、そしてすぐに配信というスピード展開ですから、キャラだけでなくシステム面も含めて、本編配信後にユーザーと一緒につくりあげていく感じでしょうか。 基本無料、ネット対応、続々と更新・修正される流れは、家庭用というよりは完全にソーシャルで定番のカタチ。 VITAでは先行してソーシャル路線が進出してますが、遂に据え置き機、しかも大ブランド「鉄拳」が手を染める事になるとは‥‥案外大きな事実だと思います。 今後はこの方式に全て取って代わられる事はないまでも、確実に無料化の比重は高まるものと思われます。 と言っても、ソーシャルは、本来はゲーム遊びをしない人達の為の暇潰し的な意味合いも含むので、ゲーム専用機ではあくまでも中身が伴わなければ遊ばれません。
 それだけに、本作の今後の反応と展開には注目です。
 今夜のマンガは、遂に無料化に侵食される鉄拳デス。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第398回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 21:32:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad