■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(7/5)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 「ゲームセンターは変わりますっ!」
‥‥ぃぇ、選挙演説ではありマセンw ^^;
 昨日の続きで、本日はゲームセンター特集連載パート2です。 ACを大きく変えたの理由のひとつはガチャガチャだと言いました。 厳密には、ガチャガチャと言うよりも、ガチャガチャに含まれる要素になります。 ガチャガチャにあって、インベーダーやパックマン等の昔のビデオゲームには無かったモノ‥‥それは景品です。
 ガチャガチャは、1台の中に、あるテーマに‥あるシリーズや路線に沿った品物をランダムにカプセルに入れた販売形式で、現在のトレーディングフィギュア‥食玩やカードゲームと共通しています。

 ガチャガチャは俗語で、1900年代にアメリカで誕生したガムボールマシンから始まったとされています。バンダイが自社製品を「ガシャポン」として商標登録したり、地域によっては「ガチャポン」と呼ばれたりしてますが、これらを総称して「カプセル トイ」と呼ばれています。 そう言えばソーシャルゲームで問題視されている、1回ごとに料金を支払ってレアアイテム獲得を夢見て購入するトレーディング形式のアイテム販売も、「ガチャ」って呼んでますね。
 ところでガムボールマシンってご存知でしょうか? お金を入れてツマミを回すと色とりどりの球状ガムのひとつが出てくるという‥ガム自販機で、直接出るだけのものと、アスレチックや遊園地遊具的にガムがコースを巡回しながら出てくるものがあります。スーパーやホームセンターの休憩所とかでも見かけますね。 戦後になると海を渡って来日し、ガムではなく丸っこいカプセルに玩具を入れる事で人気となりました。 正確な球型ではなく、楕円形カプセルでした。 本来はゲームセンターとは無関係で、私が子供の頃は近所の駄菓子屋さんの定番アイテムで、料金は20円、50円、100円がありました。今では一回20円ガチャガチャなんて考えられないかも知れませんが、おもちゃが1つ入った小さいカプセルで、丁度カプセル型の飲み薬を大きめにした様な感じでした。 設置してある台数も、20円のものが最も多く、メインストリームだったのです。 初期のメイン玩具は車やウルトラマン等の消しゴムでした。

 「消しゴム」と言っても実は消す能力はかなり低く、事実上の小型おもちゃに過ぎなかった事もあり、後に「塩ビ人形」と呼ばれた事もありました。 登場した車はカローラやサニーではなく、人気漫画「サーキットの狼」でいうところの「スーパーカー」で、レース用にチューンナップされた外車がメインでした。 そしてウルトラマンは、ウルトラ兄弟よりも敵方の怪獣のほうが数多く登場した事から、シリーズ化にはうってつけの題材だったと思います。 多分この辺りから、レゴブロックやビックリマンチョコのおまけシール、チョロQ等と並んで、収集文化(?)が根付いたと思われます。 店や地域によりますが、ウチの近所での50円ガチャは、カプセルに入りきらない大きな景品が貰える「当たりカプセル」が含まれていました。 今ではクレーンゲームとかで景品と引換券が取れたりしますが、似たような感じです。 そして100円ガチャ。 当時の小学生にとって100円玉は貴重な軍資金! フィリックスのフーセンガムは10円、アイスは20円、ドンキやコンビニでも売っている「よっちゃんイカ」と、体に悪そうな怪しい赤い液体が魅力(!)の「すもも」が30円と、駄菓子屋さんは100円あれば色々と楽しめたのです。 その状況で1回で100円というのは、案外高価でした。
 という訳で自然と、100円ガチャは手を出さない‥出せない存在だったのですが、ゲーム機普及の鍵はハードだけでなくソフトが重要なのと同様、100円ガチャも、とある景品の存在が状況を一変させたのです。
 ‥キン消し。

 当時、週刊少年ジャンプで連載し、TVアニメ版も大人気だった「キン肉マン」、その超人達の小型フィギュア‥‥キン肉マン消しゴム略して「キン消し」の愛称で爆発的にヒットし、高価だったハズの100円ガチャの普及に一役買いました。 その後しばらくは目立った動きはありませんでしたが、昔キン消しが好きだった‥いわゆるファミコン世代、ガンダム世代が大人になった辺りから、よりリアルなフィギュアが大きなマーケットに成長したのです。 チョコエッグで火が付いた、いわゆる「食玩」ブームです。 昔はビッグワンガムとかがありまして、お菓子のオマケにフィギュアやプラモデルを付属させたのですが、肝心のハズのお菓子は、見たコトもない様なショボい「ラムネが1粒」とか「開発失敗品を横流したかの様な貧相なガムw」がチョコット付いている程度で、オマケスペースは大きくて充実!‥‥‥敢えて言う必要もなさそうですが、
明らかに「食」の方がオマケ状態でしたw ^^;

 ‥スミマセン。長くなってキタのでガチャガチャ話は明日も続きます。^^;
 今夜のマンガは、夢のカプセル、ガチャガチャです。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第424回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 02:53:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。