■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日のマンガ(7/8)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 本日はゲームセンター特集連載パート5です。 テーマは、アーケード用ゲーム筐体です。 5回目にして、ようやくビデオゲーム(の入れ物w)に辿り着きました。^^;
 ACゲームはファミコンみたいにTV画面に映った絵を動かして遊ぶビデオゲームと、ジャンケンやメダル、もぐら叩き、ワニワニパニック等の実物で遊ぶエレメカの二つに大別出来ます。 エレメカなどと言うとワケワカラナく感じるかも知れませんが、例えばバチバチ弾いて対戦する定番スポーツ??の「エアホッケー」や、ゲームセンターのある意味目玉(?)マシーンのパンチ力計測マシンも含まれますし、先日採り上げたプライズ系、クレーンゲーム等もエレメカです。 そう言えばパンチングマシンって基本的に何の飾りっ気もない無骨な機器でしたが、ゲームらしく演出した「ソニック ブラストマン」とか、「北斗の拳」なんてのもありましたネ。
 そんなエレメカ系は普通、全てが専用機です。 専用機などと言うと難かしく聞こえますが、平たく表現すれば、ひとつのゲームしか遊べない、そのゲームの為だけに存在するマシンの事を示します。 ビデオゲームでも、大型筐体モノは専用機になります。

 反対に、ゲーム基盤(や付随品を含めて)を入れ替えるだけで流用可能なマシンの事を汎用機と呼びます。ファミコンに例えると、TVやファミコン本体、付属のコントローラーパットやアダプターに該当します。 レバーが十字ボタンに、スタートボタンが1プレイヤー側、2プレイヤー側スタートボタンにあたる訳ですが、ゲームによっては操作部分が特殊入力装置の場合もあり、コントロールパネル部分(通称コンパネ♪)を交換しなければ遊べません。 人気のオールスター対戦格闘ゲーム「KOF」に参戦した軍人「ラルフ&クラーク」が初めて登場した、縦スクロール戦争ゲーム「怒」はループレバーと言って、レバー先端部分が昔のTVのチャンネルのツマミみたいにガガガガと回転させる事が出来て、ゲーム中の攻撃方向を変える特殊操作でした。 ナムコのベラボーマンは一見、普通のレバー+ボタンですが、ベラボースイッチと呼ばれる特殊ボタンで、ボタンの奥が二段階式スイッチになっていて、ボタンを奥まで押す速さで攻撃やジャンプの強弱を調整していました。 ナムコは他にも、ツインレバーを使ったアイスホッケーゲーム「フェイス オフ」など、操作方法が特殊なものが多かったです。 そう言えばパックランドって、一見するとスーパーマリオや高橋名人の冒険島あたりと似た印象がありますが、レバーはなく、左歩きボタンと右歩きボタン、ジャンプの3つボタン仕様で、ボタン連打で前に進む変則ゲームでした。 テクモのサッカーやセガのSDIみたいな、トラックボールを使ったゲームもありましたし、麻雀ゲームは基本的に、全ての操作が独立したボタンで行えて、何十個も並んでいました。
 汎用コンパネとも言える、普通のレバー+ボタン2~3個では遊べないゲームは、入れ替える度にコンパネも交換する手間がかかったり、破損や故障しても替えのパーツが限られていたりと、お店側泣かせの仕様でした。 プレイヤーとしては、たまには特殊ギミック搭載ゲームも新鮮で楽しかったですが。^^;

 汎用筐体は大きく二種類に分類出来ます。 プレイヤーが立って遊ぶアップライト型と、座って遊ぶミディ型です。座りプレイ、以前は喫茶店等でテーブルとしても使われていた「テーブル型」が主流でしたが、姿勢が悪くなり体が痛くなる、天井の照明が画面に反射して見辛く遊び難い、横方向に広がる形状のため、案外設置面積がとられる等の問題があったため、画面を斜めに配置したミディ型が標準となりました。
 実は私、ほんの少し前まではミディ型の事をアップライトと勘違いして呼んでおりましたw アーケードファンの間で意外と誤用が浸透していたみたいです。 アップライトはスタンド型で、駄菓子屋さんに置いてあった子供向けの小さい筐体は小型スタンドタイプが多かったです。 立ちプレイよりも座ったほうが遊びやすいためか、一部の大型筐体系を除くと汎用筐体のスタンド型は次第にAC市場から消えていきました。 やっぱり皆、遊びやすい方が良いに決まっている、というトコロでしょうか。
 ただひとつ、コナミの「クライムファイターズ」や「T.M.N.T」みたいに、4人で立って同時プレイ可能な大型スタンド型とかがありまして、ハッキリ言って操作しづらいのは間違いないですが、皆でワイワイ遊ぶパーティゲーム的な楽しさが感じられるという、変わった魅力を備えたものも存在したのです。

 ところで汎用筐体の基本形となったミディ筐体ですが、メーカーによって細かい違いがあったりします。 本日分がだいぶ長引いたので続きは明日にお送りします。
 今夜のマンガは、ループレバーのガガガガガチャチャ操作はクセになります?
 

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第427回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 11:06:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。