■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日のマンガ(7/24)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 プロジェクトEGGってご存知でしょうか? コンピュータゲームは30~40年の歴史を積み重ねる中で、多くのプラットフォームが登場し、時代と共に移り替わってきました。 同じメーカーのハードであれば上位互換‥前世代のハード用ソフトを起動して遊べるものも幾つかありましたが、カートリッジが物理的に形状が合わない、規格の違い等の理由で、古いものは使えなかったり、動いても何らかの不都合が生じる事が多かったです。 PCでは昔からエミュレーターというモノがあって、オリジナルでないハード上で擬似的に再現する方法があります。 例えばOSでは、現在のWindowsXPや7、8上でソフトの一つとして「バーチャルPC」というのがあり、そこでWin98とか2000を再現し、対応ソフトを起動させる事が出来たりします。 勿論、新しいほうが多機能高性能なのは間違いないものの、ソフトによっては古いバージョンのOSでないと起動しない、動いても不具合が生じる場合があるので、エミュレーターの使いどころがあります。

 そんなエミュ技術を使って、家庭用ゲーム機では任天堂のWiiで、ファミコンやスーファミ、メガドライブ、PCエンジン、アーケードゲーム、ネオジオ等のソフトをバーチャルコンソールで配信販売してますし、プレステ2は内臓された一つのチップでPS1のソフトも起動出来る様になってます。 現行据え置き機では各社とも、昔のゲームやアレンジ版、インディーゲームなどを配信する事が普通になりました。 プロジェクトEGGは、そのPC版的な位置づけで、家庭用ゲーム機のソフトも多数動きますが、ゲーム機の配信や復刻系と違い、昔のPCハチハチやMSX等のソフトも遊べます。 PCは家庭用と違ってハードウェアをパワーアップさせる事が可能なため、事実上、いま存在する全てのエミュレーター系サービスの中で、最も多くのゲーム環境を再現出来る可能性を秘めています。
 D4エンタープライズ社が運営を行っているアミューズメントセンターのサービスのひとつであるプロジェクトEGG、基本は遊びたいゲームをデータ購入してプレイする形式ですが、数量限定でパッケージ販売もされています。 こないだ、「ヴァリスコレクション」セール中!という宣伝メールが届いたので気になっていたら、速くも完売した模様です。

 ぇと、ヴァリスってご存知でしょうか? 開発は日本テレネット、美少女ビジュアルシーンを取り入れたゲームを多くリリースしたPCソフトハウスでしたが、PCエンジン全盛期からは家庭用にチカラを入れたメーカーです。 あの日本ファルコムを筆頭に、

 最初はPCソフトを開発 → 家庭用ゲーム機でも併行してソフトをリリース
 → 家庭用機が中心

という経緯のメーカーは幾つもあります。 現在ではこの流れがさらに、

 家庭用機が中心 → ケータイアプリも併行してリリース → ケータイアプリ専門に!

って感じになってます。^^; ゲームを取り巻く環境は刻一刻と変化しているので、生き残りを賭けて、あるいは新たなビジネスチャンスとみて、主軸となるプラットフォームを変えてしまう会社は少なくありません。

 そんな日本テレネット、以前にもガイアレスの時とかに書いた様に、現在はテレネット自体は撤退したものの、その開発者達は各社に分散し、今でもファンタジーシミュレーションやRPGの開発で活躍されてます。 日本テレネットが残したゲームの中で、最もメジャーだったのがヴァリス‥「夢幻戦士ヴァリス」シリーズです。 もとはPC用の横スクロールアクションゲームで、PCハチハチやMSXで発売した、絵柄といい、演出といい、ちょっとHなゲームという印象ですが(!)、アニメビジュアルシーンに造詣の深い同社は、PCエンジンで登場したCDロムロムに目をつけ、ヴァリスを家庭用に投入したのです。
 ‥‥っと、実はもっと前に家庭用で発売されていました。 ファミコンで、あの徳間書店トクマソフトブランドで発売。徳間ソフトといえば、アイレムの「ロットロット」、カプコンの「エグゼドエグゼス」という2本のACソフト移植でデビューしたブランド。 「ゴーストバスターズ」や「ラビリンス」等の‥かなりアレなゲームを販売するメーカーとして揶揄されてましたが、そんな同ブランドに登場した‥してシマッタwのがヴァリスです。 なにせファミコンで徳間書店だけに、ちっちゃなキャラがシャピシャピとショボい効果音で攻防を繰り広げる横スクロール(?)アクション、?を付けたのは、あっちこっちにワープポイントが在って、マップの繋がりが分かり難いのが最大の難点だったのです。 「アトランチスの謎」もステージ間のつながりが複雑でしたが、ファミコン版ヴァリスもかなりの猛者デシタw もう少し遊びやすければ評価は大きく変わったと思うので、勿体無かったです。

 最初に家庭用ゲーム機で登場したのはファミコンだったものの、実質、テレネット自らチカラを入れてソフト開発したのは間違いなくPCエンジンです。 という訳で明日は、PCエンジンのヴァリスシリーズについて採り上げます。
 今夜のマンガは、すべてのげえむわ、ここ(EGGw)に集まるっ!??

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第443回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 14:42:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad