■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日の漫画(13'8/10)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 そういえば東京オリンピック開催が決まったのでしたネ。 はい、昭和真っ只中の東京を舞台に繰り広げられるスポーツの祭典‥んっ!?
 間違えました、それは東京オリンピック・オールドでした。 私が良く覚えてるのは、ロサンゼルス五輪ですが‥‥もう30年近くも前になるのデスね。 ホホホ‥^^; この強引なフリから予想出来るかも知れませんが、本日はコンピュータゲームで登場したオリンピックゲームです。
 記憶では、最初に登場したのがコナミのアーケード版「ハイパーオリンピック」でして、ロス五輪の前年度に登場しました。 というか、ファミコン版の方が遥かに有名だと思います。 しかしファミコンは容量の関係か、はたまた小出し方式の初期モデルケースだったのか、もとのAC版にあった6種の陸上競技が2つ減り、走り高跳びは続編のハイパースポーツに含まれました。 ハンマー投げは残念ながら消えてしまったのです。当時に室伏さんが活躍していたら、別の展開もあったのでしょうか。 自宅で、友達の家でファミコンを囲んで、専用コントローラーのハイパーショットを使ってボタン連打連打連打連打っ! コスり過ぎて指先の皮が向け、しまいには爪までアレな事になった痛い記憶もアリマスガw、実際の競技とは全く違うものの、短時間に白熱するあたりは正しくオリンピックそのものでした。
 家庭用ゲーム機におけるスポーツゲーム発展に貢献したのは、初期は任天堂、後にナムコのファミリーシリーズに、スーファミ時代になるとトンキンハウスが存在感を発揮したのは何度か書いてきましたが、ことオリンピック・ゲームに関してはコナミが代名詞的なポジションだったのです。 初代ハイパーオリンピックは革新的なソフトで大ヒットし、MSXでも何作もリリースしてました。何気にコナミはMSXソフトが素晴らしく、かのメタルギアもMSXというショボ‥‥せ、制約されたスペックだからこそ、派手にドンパチする事自体が表現出来ないので極力、敵を避けるシステムが生まれた結果、現在のメタルギアシリーズがある訳です。 必ずしも高性能こそが全てを生み出すのでは無さそうです。

 そしてコナミは、当然の様にオリンピックが開催される度に新作をリリースしました。 五輪時期に必ずやってくるのは某こち亀のオリンピック男だけではなかった模様w ソウル、バルセロナと続々と製作してきましたが、御存知でしょうか? 9月18日現在、最も多くのゲームファンが夢中になっている、と思われるモンハン4を生んだカプコンが何故かファミコンでオリンピックゲームを出していた事を! 「カプコン バルセロナ'92」というタイトルで、競技は18種とバリエーションだけは豊かでした。 登場する選手がディフォルメチックというか、頭デッカチでキモ可愛い(?)姿で忙しそうにバタバタと翔ける姿は、妙な味がありました。
 コナミのオリンピックシリーズは冬季五輪にも及び、プレステ世代からはポリゴン化で立体的となって迫力が増し、構図もよりダイナミックになりました。 もっとも、最近は任天堂ハードでマリオとソニックが共闘先生‥でなくタッグ路線で登場してます。 流石にもう、平凡な人物モデルの選手達だけでは厳しいのでしょうか。最近はコナミ系オリンピックゲームの影が薄くなった気がします。あるいはコナミは、スポーツクラブ経営のほうが忙しいのかも知れませんがw^^;

 ゲーム界では以前は、毎年一度の格闘祭典として、ザ・キング・オブ・ファイターズが開催されてました。シリーズものに頼るのはどうかとも思う半面、オリンピックやワールドカップみたいに、定期的にリリースされるシリーズも嬉しいですね。 東京オリンピック・フューチャーは7年も先の話、オリンピックゲームが出るとしたら、その頃はプレステ5でしょうかw、それともXBOXtwoでしょうかw、それとも4DS?(ぉぃw)あるいは、遂に実現したリアル・スカウターマシンでプレイヤー自身が実際に走るゲーム‥‥なんてこともある‥と面白いですね。 今後もオリンピックゲームに注目です。

 ‥ところで、件のマリオ&ソニックですが、よく考えてみると無謀な取り合わせではアリマセンカ? TV-CMとかで二人は競争してましたが、ソニックって、音速ネズミですよっ! 片や、マリオはお腹の曲線がアンニュイな中年おじさん。(!)どう考えても競い合えるとは思えない程、身体能力差は歴然としてます。 本編ゲームでも速過ぎてプレイヤーの目がついて行けない高速ぶり!ゲーム史上でコレに対抗出来るのは、あまりの高速スクロールで画面処理がバグりかけた実績を持つ(?)、ファンタジーゾーンのオパオパ(ロケットエンジン装備時)か、ファミコンディスクのファイアーバム(!!)くらいだと思います。
 今後もゲーム史上は彼等の足並みに駆け抜けるのでしょうか。楽しみです。
 今夜のマンガは、4年に一度のアレです、アレ。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第460回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 12:30:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad