■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日の漫画(13'8/25)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 ゲッホン! 例によって更新間隔がグダグダでスミマセンw ぃあ、討鬼伝が面白くて私、モノノフに転職しようかと思いかけてマシタ。(!) それでは本日も、RPGシリーズです。マイナーものからマイナーものまで取り揃えております。‥‥あれ?何か変ですがw
 そ、そ、それではRPGの冒険世界へと誘いましょ‥‥え?RPGの面白いの遊びたいのはヤマヤマだけど長時間かかるジャンルだから楽しむ時間が足りないですか? 
 大丈夫です! 今日のRPGは「ドラゴンスレイヤー英雄伝説1」や「惑星ウッドストック ファンキーホーラバンド」みたいに、10~5時間で終わりますカラ。 ‥つい勢いで言ってしまいましたが、後者は聞かなかった事にして下さいw

 ぇえ? そんなに古いのを今更遊ぶのもアレですか? ‥つまりアレですか? 「ドラ◎も~ん、道具で何とかしてよ~っ」みたいな無理難題を都合良く解決しろと? 新しくて今でも充分遊べて、なおかつ短時間RPGと? 了解しました。
 ではでは、そんな現代人向けに進化したワリと最近の短時間RPGを御存知でしょうか? それがPSPで発売中の「勇者30セカンド」です。

 PSPで2作登場し、ベスト版販売もされた人気作なのでプレイされた方もいらっしゃるかも知れませんが、本作の凄いのは、一般的なRPGの流れ‥‥正義の冒険者として誕生し、王様の強制勅命‥ゲホンwたた頼みで魔王を倒して世界を救う為に世界各地を冒険し、民家に無断で立ち入っては金品を強奪し、なんとな~く敵というだけでモンスターを虐殺し放題♪‥‥このノリは先日も出しちゃいましたネw そうした一連の工程が、たった30秒で終わってしまうのです。30秒ですよっ! ここまで読んだ時点で時間過ぎてマスw
 実際は、魔王が世界を破滅させる魔法を使って、カウントダウンが30秒という設定でして、ゲーム内にはお金をブン盗る‥‥でなく女神様に支払う事で残りタイムがリセットされる(と言っても残り30秒に戻るだけデスガw)ので、つまりほんの数十秒で敵を何度も倒してお金と経験値を稼ぎ、ラスト3秒を切ったあたりで急いで街に戻って女神様に献金するというシステムで、実際は1つのステージが5~20分程度かかり、面はメインシナリオだけで60も70もあったりするので、結局はトータルで数十時間かかったりします。また、街では時間は進行しません。 ぃえ、サギではありません。^^; 私の描いている適当四コマ「バイトの軌跡」じゃないのだから、全てひっくるめて物語を30秒で楽しめるワケないではありませんか。
 面白い変化球というか、仕事が忙し過ぎる人はよく「分刻みのスケジュール」とか言われますが、本作は秒単位で忙しいRPG、それでいて1面1面は短いので、イマドキのハンティング系やカードバトルRPGみたいに、電車の待ち時間やちょっとした合間に楽しめるのは共通してます。簡略化出来るトコロは省けるだけはぶいた結果、町の中は建物・お店・献金女神様w・町の人等が横一列に並んでます。 モトはPC用の個人製作フリーソフト「30秒勇者」が原作で、その優れたアイディアが評価され、ゲームメーカーから商用ソフトとして製作されたのです。 だからという訳ではありませんが、本作のグラフィック、実写と見間違えそうな超リアルフルポリゴンでも、ヴァニラ作品みたいに極限まで描き込まれた2D絵でもなく、まるでRPGツクールとかで作られた様な、ドット絵丸出しのレトロゲーム風です。 ‥いえ、だからといって不思議とショボさは微塵もありません。 上手なディフォルメ、戦闘時のエフェクトや皮肉混じりのヒネリの効いた表現が素晴らしいです。 なんと言うか、最先端の技術と表現方法をドット絵という枠に押し込めて表現した感じです。 最近は意外とこういう路線ってありますね、「テラリア」とか「勇者のくせになまいきだ。」とか。
 ファミコン時代は、そもそもドット絵表現しか出来なかったので、リアルタイムで遊んだ世代は当時の思い出が手助けして良く見えても、今初めて見た人にとっては、哀愁漂う映像でしかありません。 これが「スカイキッド」みたいなシンプルな絵でも今でも充分通用する内容なら別ですが、RPGやアドベンチャーって基本的に、ゲームを構成する大筋のワクは良い意味で昔とあまり変わってなくて、映像力が与える印象が面白さに直結するジャンル。 しかし本作は現代のソフト、ドット絵むき出しグラフィック以外は完全に今風仕様です。 羊の皮をかぶった狼的というか、敢えてレトロ風ドット絵をモチーフにしただけで、表現力は最先端なので哀愁は全くなく、むしろオシャレな表現ぽく昇華されている感じがします。
 これって結構、凄い事だと思います。

 また、本作はシナリオが実に良く出来ています。三世代に及ぶ冒険譚で、イイ味だしてるサブキャラ達、やたらと壮大なBGMもあって、ボリュームたっぷりで感動の名作だったりします。 三世代というと、あの「ガンダムエイジ」や、メガドラの代表的大作RPGシリーズの「ファンタシースター3」もでしたネ。 ‥‥これまた勢いで挙げちゃいましたが、後者は‥‥ゲホゴホガッヘンw
 実際は30秒で終わる訳ではないものの、各話が短時間で遊べ、全編通してタップリ楽しめる本作、もう完っ全に最近採り上げたファミコンRPGなんかとは全く違う、最先端作品のひとつであると思います。 更に、クリエイト要素も充実しており、ユーザーが作った物語をサーバーにアップロードして、誰でもダウンロードして楽しめるので、ツクールシリーズやリトルビッグプラネット同様、出来不出来はともかく、全て遊ぼうとすれば一生モノかも知れません。 未体験の方は是非! 面白いですよ~♪^_^


ヴァル=ヴァラのゲームNews 第475回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 04:55:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad