■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本日の漫画(13'8/29)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 先日も触れましたが、私は只今VITAのハンティングアクション「討鬼伝」を中心にプレイしてます。 初期の体験版でこそ、やれ動きが鈍いとか、やれモンハンの和風化で完全パクリだとか、良いのはグラフィックだけだとか言われたものの、最終的には優れた名作となり、VITAソフトとしては、あのペルソナ4Gに次ぐ歴代第二位の売り上げにまで持ち直す程、良いソフトとなりました。 現在、絶賛販売中のモンハン4もですが、最初にユーザーの目に触れたバージョンは色々と問題あっても、発売にはしっかりと調整してくるあたりは流石、一流メーカーです。 製品版が発売しちゃってもアレなソフトが決して少なくない中、良い事だと思います。
 ぃえ別に、アネッ◎再びを中傷している訳ではありませんw 最近でも時折「不思議ちゃん製品」が存在してますしネ。‥‥アレとかソレとか‥‥ゲホンガハンw
 唯一勿体ないのが、追加ダウンロードミッションがネットプレイ専用ばかりな事でしょうか。 一応、一人でNPC連れでも遊べるものの、上級者が集まらないと太刀打ち出来ない様なミッションが多いので、ソウルサクリファイスもですが共闘モノは、時期を逃すとラスボス秒殺級の人ばかりが徘徊するという‥ネットゲームのアレがあったりするので敷居が高いのが難点デスw^^;

 前フリが長くなりましたが、本日のRPGはサン電子が89年にPCエンジンカードで発売したロボットRPG「アウトライブ」です。 最初に断っておきますが、後にプレステ1で廉価ソフト「バリュー1500シリーズ」でリメイクされたバージョンが存在してますが、そっちは駄目です! うーん、プレステ2のセガエイジズシリーズに多くあった問題と同様で、中途半端なポリゴンCG化が元の良さを消してしまい、仕舞いには見た目だけでなく肝心要のゲームバランスさえもアレな感じになってしまいました。性能的には劣る旧ハード版の方が薦められるという、なんともキワドイ展開になってますw

 サン電子といえば、ファミコンでは「いっき」や「アトランティスの謎」等、アレなゲームの伝導師として知られるB級メーカーですが、本作は凄く面白かったです。タイプ的には3DダンジョンRPG、そして表現は簡素で無機質なブロック状の迷路ながら、ファンタシースター張りに綺麗にアニメーションします。そしてロボットに乗って進む関係上、まるで初期のガンダムゲームみたいにコックピットからの視点です。モビルスーツっぽいロボットの操縦席からのメカメカした景観、SF映画みたいな直線的なダンジョン、そして敵もメカと、全編通してロボット尽くしの世界観。戦闘時の攻撃も、照準で狙ったりとソレっぽく表現されてます。
 とは言え昔の作品だけに、パーティ戦闘という概念がなく、初代ドラクエみたいに敵味方が1対1なので、今遊ぶと正直、物足りないと思います。 ロボット世界観満点ですが、イマドキのアーマードコア5みたいな特撮映画顔負けの凄まじいレベルの映像美ではなく、今のRPGみたいなスキル満載・エフェクト全開のボリューム感タップリなものではなく地味でメリハリに乏しい展開です。
 ですが私、アウトライブは大好きなゲームでした。当時リアルタイムで遊んだから、というのもおおいにありますが、何よりも本作、全体的なノリとバランスが統一感あって良いのです。 戦闘突入時は、よくあるRPGみたいに画面がフラッシュして戦闘画面に切り替わるのではなく、「CAUTION!」の英語メッセージが警告音と共に現れます。敵メカも登場シーン的な感じで、「LOCK ON」の表示で一旦、敵の姿が拡大されて機体名や簡単なパラメータが出てきます。 データ的には「それがどうした?」というレベルなのですが、演出がツボを得ているというか、ダンジョン徘徊~敵との遭遇~そして戦闘が始まるとレーザーやガトリングガンを照射! RPGではあっても、気分的にはロボットシューティングで遊んでいる様な感覚‥‥そうです、本作で一番味わい深いのは、RPG的なやり込みではなく、戦闘ロボットに搭乗して進むという「気分」が味わえる所に全てが集約されていると思います。 最大のウリが他ジャンルのものになっているのが特徴です。‥RPGなのに‥^^;

 Wii配信もされています。RPGとして見ると、単なる古いショボいシンプルで寂しい限りですが、ロボット作品として見ると満足度の高い、完全に従来のカタチを逸脱した珍しい作品。 最近のロボット作品とはまた違う良さが感じられると思うので、良かったら体験しては如何でしょうか。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第479回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 05:34:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。