■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日の漫画(13'8/30)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 本日もまたRPG‥実際はアクションRPGも普通に並べてますがw という訳で、今夜はアクションRPG作品の迷作をお送りします。 狙ったつもりもないのですが、昨日に引き続いてサン電子のソフトです。 86年にファミコンで発売されたファンタジー・アクションゲーム「マドゥーラの翼」です。 あのゲームセンターCXでも攻略していたので御存知の方も多くいらっしゃるかと思います。 本当はアクションゲームに分類されるのですが、全編通して遊んでみると意外にRPG要素が高いので採り上げてみました。

 古いゲームという事もあり、バランスは雑で殆どアレ臭い感じに‥w なかなかの名作ではあるものの、ソコは流石のサン電子製! 伝説の「いっき」や「アトランティスの謎」、「東海道五十三次」にも引けをとらない、なんともサンソフトらしいゲームですw ^^;
 ナムコやタイトーに遅れてサンソフトもまた、ファミコンソフトの後期はパッケージがハードケース仕様となりました。(別名同社の東海エンジニアリング・ブランド製品は一貫して普通のファミコンカセットと同じ、汎用カートリッジとパッケージを採用してました。東海ブランドの代表作は“リップルアイランド”、“超惑星戦記メタファイト”、“バトルフォーミュラ”など)
 それで、サンソフトブランドのハードケース系は「バットマン」、「へべれけ」、「ギミック!」と非常に完成度の高いアクションが素晴らしかったのですが、個人的にはスーパーアラビアン辺りの胡散臭い感じが、実にサンソフトらしくて好きです。^^;

 本作、基本はアクションゲームなのでレベルアップとかの概念は存在しません。 ところがザコ敵を倒しているとランダムでドロップするアイテムに、ヒットポイントを回復するものがありまして、HP上限値の設定も曖昧な事、場所によっては、ほっとけば永久に湧き続ける事から、回復ポイントを見つけてザコ倒しで粘っていると膨大なHPを稼ぐ事が出来ちゃいます。 メンド臭いにしても理論上は、ノーコンティニュークリアも決して難しくない事になります。 この、レベルアップ作業的な拘束時間が昔のRPGと共通しているのです。
 主人公は女戦士ルシアさん。かの「アテナ」、「夢幻戦士ヴァリス」と同時代を生きただけに、当時の女性戦士定番の服装「ビキニアーマー」着用w もう11月にさしかかって外はすっかり寒くなりましたガ、ルシアちゃんは元気デスねw
 攻撃は剣で斬るか、魔法です。 魔法はマジックポイントを消費するため、基本は剣で進む事になる訳ですが、この剣がある意味高性能で、少ないモーションで瞬時に斬りつけるので、ボタン連打で敵をハメ殺す事も可能(!)。 攻撃力・ジャンプ力・移動速度等がアイテムを取得すると何段階かパワーアップし、最終的にはかなり素早い動きになります。

 本作って一見、雑なバランスと目に優しくない背景画(!)と、面白いゲームとは思えないのですが、実際はかなり楽しい作品だったりします。 何故でしょうか?
 多分コレ、移動スピードが素早くて快適なので、敵デザインがアレでも、ただ高速歩行のルシアちゃんを動かしているだけで気持ちイイからではないでしょうか。 ファミコン時代は割とスローテンポのゲームが多かった中、意外にも現在最先端のストレスレスRPGの片鱗が感じられるのです。 個人的趣味ながら、BGMもノリが良くてキモチ良さを加速してる印象でした。

 当時ですらこのクオリティだったのだから、今リメイクしたらかなり美味しい題材ではないかと思います。 ぇと、前に紹介した「もりけん氏」が製作した少しだけ続編的なゲームは一応ありますが、あれはアドベンチャー作品。 やはりマドゥーラはアクションゲームこそ似合います。 「いっき」、「スペランカー」、「エレベーターアクション」等はPS3の配信専売ソフトとして、当時の味を残すカタチでリメイクされています。 本作も何処かのメーカーさん、作ってくれませんかネ?トゥームレイダーみたいな超美麗バイオレンスではなくレトロ系な感じで。 ‥ぃえ、美麗最先端映像化されたルシアさんにも会ってみたい気もしますがw
 プレステやPCでもサンソフトコレクション系ソフトで遊べる本作、一度体験されては如何でしょうか。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第480回 「」 
⇒マンガ未完成です。お待ち下さいませ。><
スポンサーサイト


未分類 | 18:10:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad