■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

1/19記事追加です
ヴァル=ヴァラのゲームNews 第506回
      「にじみ液晶で唯一無二の名作シリーズ」


本日のハード別RPGは、携帯ゲーム機に初めて古カラー液晶を搭載した歴史的ハァド「セガのゲームギア/キッズギア」用ソフトです。‥‥ぃぇ、変換ミスではありません。
 フルカラーと書くのが忍びないので「古」にしてみマシタ。^^; 独特の趣あふれる「にじみ液晶」搭載マッシーンですw ゲームボーイカラーに比べたら色が多く、性能はセガマーク3上位基盤採用と、スペック的には据え置き機級(一世代前のw)を実現していた‥と言えなくもないです。 但し、いくら性能に優れていても一般的には知名度の低いセガのハードである事、ライバル機にはポケモンという脅威のヒット作RPGがありましたが、残念ながらギアには特にありませんでした。 orz...

 そんなギアでしたが、RPGの手薄なセガハードでありながら、完成度抜群の名作シリーズがコッソリと出てました。 「ぷよぷよ」でお馴染み、㈱コンパイルがMSXで生み出した看板作品「魔導物語」です。 以前、VITAソフト聖魔導を採り上げた時にも触れましたが、ウィザードリィみたいな3D視点のダンジョンRPGながら、ゆるくて可愛いキャラクター達が織り成す、ほのぼの路線です。 最近ではアトラスブランドで「世界樹の迷宮」とかがありますが、あれは世界観を親しみ易くしたハック&スラッシュRPGで、内容自体は本格派でした。 ところが魔導は、またの名を「ファジカルRPG」と呼ばれる通り、ファジィ‥‥曖昧な表現で分かりやすい作りだったのです。

 通常のRPG、ましてハクスラ系となれば、数値パラメータとニラメっこしながら遊ぶスタイルになるトコロを、数値を極力排除し、表情や音・セリフで表現しました。 体力充分の時はBGMはテンポ良く、画面上に表示される主人公アルル・ナジャの顔も楽しそうで、「元気いっぱい♪」と書かれており、虫の息の時は音楽は今にも止まりそう‥、目は虚ろで、敵に攻撃されようものなら「もうっ、駄目ぇ~っ!」と元気良く叫び(あれ?w)ます。 経験値も数値でなく、画面の外周に表示されたゲージがいっぱいになるとレベルアップ。 オートマッピングと合わせて、とっても遊び易いRPGです。 ボリュームもホドホド、操作性に難のあるゲームギアでも快適に遊べる名作でしたが、コンパイルは既に失われ、著作権はその後幾つかの会社を転々とした関係で、これ以上ないくらい携帯機向けの内容なのに、現行機配信されていないという、非常に勿体無い題材。 現在、権利を所持するコンパイルハートは聖魔導をリリースしたものの、ジャンルは「風来のシレン」系に変更されてます。 魔導は多機種で展開されましたが、アイテム収集とかのやり込み要素に欠ける為、シナリオクリアしたらすることが無くなってしまうライト系作品であること、シンプルな内容なのでTV画面でプレイすると画面が広すぎる事から、魔導を楽しむにはゲームギアこそがピッタリだったと思います。
 ギアでは魔導の1、2、3、Aの4本がリリースされました。 どれも良く出来ているので、是非配信すべきゲームです。

 と言う訳で、ギアはRPG作品自体が少なかった代わりに、魔導という素敵な作品が遊べました。
‥‥問題は、魔導が良かったというより、魔導しかなかった事にあります。

 「シャダムクルセイダー」という、アラビア世界を描いた佳作や、アクションRPGとしてはゼルダや聖剣伝説級だった「シルヴァンテイル」等の小粒がほんのりあった程度でした。 ‥何よりも残念なのは、セガの看板RPGのハズだったファンタシースターが、奮わなかった事です。 オーソドックスタイプのRPG「ファンタシースター外伝」と、アドベンチャーゲーム「ファンタシースターアドベンチャー」の2作品が提供されたのですが、シリーズの魅力であったSF世界描写に乏しいと言うか、元々ビジュアル面で引っ張るファンタシースターらしからぬ平凡さが寂しかったです。 だからこそ、PSPのファンタシースターポータブル2インフィニティは、本っ当に物凄い出来だと実感します。

 TVチューナーがオプションで販売されたり、携帯機のくせにデカくて重くて、単三電池6本も使って2~3時間で切れる驚きの超燃費、虫眼鏡の原理で画面を大きくみせる「ビッグウインドー」という妙な装備品があったり(しかも1と2がありましたw)、置いてTV視聴にピッタリな(?)針金スタンド付きと、ポケモンで大ブレイクしたゲームボーイとは全く違う、セガならではのノリが個人的に大好きだったギア、機会がありましたら、ネット上の画像ではなく、実物を一度は手に取ってみては如何でしょうか。

追伸:据え置き用ゲームの廉価版的な「~~外伝」ではないオリジナル作品は意外と面白かったです。 ソニックの廉価移植版 ⇒ではなく⇒ 「テイルスのスカイパトロール」や「ねこ大好き」とか
スポンサーサイト


未分類 | 22:37:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad