■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

5/12記事追加です。
ヴァル=ヴァラのゲームNews 第531回
      「セガらしい オールスターな レーシング」


 アロハ~、ヴァル=ヴァラです。 自社オールスター企画って時折見かけますが、コンピュータゲームではファミコン時代から、コナミのワイワイワールドやバンダイのファミコンジャンプ‥対戦型格闘全盛期にはSNKのザ・キング・オブ・ファイターズが人気シリーズ化しておりました。 更に、ファミコンが30周年とか言われている様に、家庭用ゲームの歴史は30年以上も続いているということは、いわゆるシリーズモノだって星の数ほどある訳で‥‥遂には、自社オールスターどころか、「悪魔城ドラキュラ ジャッジメント」や「テイルズ・オブ・バーサス」、「ディシディアFF」みたいなシリーズ限定オールスターゲームも登場してきました。

 人気シリーズキャラがこぞって出演、そして元ネタとなる出身元ゲームはジャンルがバラバラ、なので場面によってジャンルを使い分ける「複合型」か、全員が対戦格闘等で対決する「統一型」のどちらかに大別出来ます。 任天堂のオールスター系ゲームには「スマブラ」と「マリオカート」が二本柱となってる様に、取り敢えず皆でクルマに乗って競争しよう!という感じのゲームも幾つかありましたネ、コナミのワイワイレーシングとか。

 今週木曜日5月15日にセガからPS3/WiiU向けでオールスターカーレースもの「ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド」が発売されます。 既に海外で一昨年に発売されているので、熱心なセガファンの人は海外版を所持している人も居る模様ですが、満を持して‥‥というかやっと日本でも発売されるのですネ。 このタイムラグは何デショウカw 

 ‥ポイントは、とってもセガらしいレースモノに仕上がっているトコロ。


     「デイトナや セガラリーに見る 強引さ」

 前にもどこかで書きましたが、オールスター系ソフトのジャンルは基本的に、そのメーカーが得意なジャンルで製作されます。 SNKだったら対戦格闘、アイレムだったらシューティング(PS2のR-TYPEファイナルも、オールスター系です。)みたいに。
 では、セガの得意ジャンルって何でしょうか? アクション? シューティング? RPG? アドベンチャー? 一通りのジャンルを網羅してきたセガですが、個人的に最もインパクトを感じたのはヤッパリ、ゲームの最前線がアーケードだった時代のセガが、大型筐体で一世を風靡した「体感ゲーム」にあると思います。 ハングオン、スペースハリアー、エンデューロレーサー、アウトラン、アフターバーナー、パワードリフト‥‥これらの作品に共通して感じる強いベクトルは「強引さ」だと思います。 緻密なゲーム性とか以前に、何よりも有り余る馬力を活かして強引に突き進む感じが特徴的でした。
 レースゲームみたいな3Dゲームは映像力の進歩が激しく影響するジャンル、なので現在では「オシャレさのリッジレーサー」、「楽しさのマリオカート」、「リアルさのグランツーリスモ」という図式が仕上がっている感じですが、セガのレースゲームの魅力はいずれにも該当することのない「破天荒さ」がウリだと思います。 リッジやマリオカートで不自然な程にツルツルと滑るドリフトが親しまれている最中、セガはデイトナUSAやセガラリーで「ゴリゴリ、ガツガツとした骨っぽいドリフト」の独自路線を打ち出していたメーカー。
 その辺りの不器用にほとばしるエネルギー感こそ、セガの魅力であり、更に破天荒さが飛躍した事でドタバタ系クルマものの名作「クレイジータクシー」に到達したのだと思います。
 そんなセガの特徴と、これまで輩出した名作ゲーム達の歴史を結集した本作、これは楽しみです。

     「懐いケド セガエイジズて 何なのさ」

 タイトルにトランスフォームとある通り、走るのは道の上に限らず、海に川に空に宇宙に‥車から船に、飛行機に変形するレースゲーム。 どうやら本作は緻密に組み立てられたコースを真面目に走ってコンマ1秒を競うのではなく、チキチキマシン猛レースみたいなバラエティノリ。 なんともセガらしい強引さが垣間見えるバタバタ路線で、嬉しくなってきました。
 すると、参戦するキャラクター達やバラエティ豊かなコースが気になるトコロですが‥‥。

 ドライバー/コース問わず参加作品は「ソニック・ザ・ヘッジホック」、「スーパーモンキーボール」、「クレイジータクシー」、「ジェットセットラジオ」、「スペースチャンネル5」、「サンバDEアミーゴ」、「ナイツ」、「忍」、「ゴールデンアックス」‥と、アーケードを中心に最近でも活躍している有名シリーズばかりですガ‥‥ほぇ?「エターナル アルカディア」!?
 ‥し、渋いデスネw ドリキャス生まれでシリーズ化されない1本きりのソフトですが‥い、一応ゲームキューブに移植されたり、かの「戦場のヴァルキュリア」にゲスト出演も果たしたといえば果たしましたガ‥‥というか、戦ヴァルこそ出して欲しいのデスガw エーデルワイス号(戦車)に乗ってガリガリと進撃したかったです。^^;
 他には「パンツァードラグーン」、「バーニングレンジャー」、「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」、「アフターバーナークライマックス」、「アウトラン」‥‥このアウトランのロゴは2のものですネッ♪ ぅん?「ジャイアントエッグ」‥! 題材的にはバラエティ系にうってつけでも、ゲームキューブでしたが、どれだけの人がご存知なのでしょうカw そして最後は「セガエイジズ」‥って、ぇえ?
 エイジズっていわゆる復刻プロジェクト系で、他所のメーカーで言うナントカミュージアムとかナントカクラシックスと同様で、1本のゲームやシリーズを指すものではないのデスガ‥‥その他大勢って感じでしょうか。
 また、特別出演が2枠あって、ディズニー映画からは「シュガー・ラッシュ」が、実在するインディカーレースの人気女性レーサー「ダニカ・パトリック」さんも参戦します。

     「物申す 鳥足出さず 何故マジロ」

 ほほほ♪ 本作はコースが陸・海・空と破天荒なので、搭乗するマシンも3タイプに変形するのですが、参戦ドライバーを含めてマシンのバリエーションが、元ネタを色々と活かしているので、セガのゲームを知っていれば知っているほど、眺めるだけで楽しめます。 あれ?スーパーモンキーは、半透明ボールに乗っていくのではないのデスカ‥つーか、忍のジョー・ムサシ氏‥‥ナンデスカ、その耕運機みたいなのは‥w
 エイジズだと、陸はデイトナで、空はトムキャットで♪ 海上では‥‥!! ドリキャスコントローラをモチーフにしたボートって‥‥た、楽しいw また、ゴールでチェッカーフラッグを振る係がメガドラの迷作アクション「リスター・ザ・シューティングスター」のリスターですか。
 ※スーパーマリオの無敵スターと見間違えないよう、お願い申し上げマスw
 そして、ロード中の画面には伝説の「アソビン教授」が赴任しておりマス。 教授は、セガマーク3以前のソフトの取説の中で、ゲームの攻略方法や裏技などを偽情報も含めて(ぇ)解説するコーナーがありまして、最近は姿を見かけないので心配してましたが、ここに居たのですか。 相変わらず、その頭では絶対に被れなさそうな帽子を携えているのデスネ‥。

 いやはや、本作はセガファン的には内容以前にセガの歴史が「セガガガ」とは違う意味で詰まっている所が一番の魅力だと思います。 これは楽しみです‥ネッ!?? こ、これはっ!

 ひとつだけ残念な点を発見しました。 ゴールデンアックス勢からは怪力ドワーフ爺の「ギリウス・サンダーヘッド」がドライバー参戦する訳ですが、魔法の力で変形するモンスター型マシンに乗って‥‥しまったのデス。 牛みたいな頭部でアルマジロっぽい鎧じみたボディの怪物で、飛行時はコンドル風に変わる模様です。 ‥‥これだけ聞くと、ふぅん。 という程度にしか聞こえないかも知れませんが、このシリーズには世界中にファンが居ると噂される珍獣、チキンレッグというモンスターがいて、ゲーム中では敵が馬みたいに鞍をつけて乗ってくるのですが、搭乗者を蹴落とす事で、自分が乗って一緒に闘う事が出来るのです。 チキンレッグ愛好家(??w)としては、なんとも残念デスw
 あるいは、出そうとしたらWWFからクレームが入ったのでショウカ。

 ナニはともあれ、発売が楽しみです♪

PS:性懲りもなく、またしても「うた組み575」で歌詞アレンジを作ってしまいました。聞いてもらえると有難いです。
⇒ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm23537504(先頭h抜け)
ニコニコ動画の検索ワード:メガドラ、うた組み575、セガ
スポンサーサイト


未分類 | 20:35:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad