■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年大晦日です
 ヴァル=ヴァラのゲームNews 2014年大晦日回
   「2014年のヴァルヴァラ的10大ニュース」


 アロハ~、ヴァル=ヴァラです。 皆様、大変たいへんお久しぶりでございm‥‥‥もはや定番となりかけてスミマセンw 私生活に色々あってブログ書く時間がなかなか取れなくて‥気がついたらもう年の瀬、恒例の10大ニュースの時季がやって参りました。 ‥ただ今年に関しては、実はそんな大きなニュースらしいものが無かったと思います。 新機種新機種のラッシュではなく、そろそろ肝心要のサービス‥ゲーム自体の充実を図るタイミングなのではないかと思います。 実際には新機種、出てますでてます!アレとかソレとか‥なのにあまり存在感が薄いのは、結局のところ、主軸であるべきゲームが伴っていないからだと思います。
 それでは一応、本年度のヴァルヴァラ的10大ニュースの発表です。

第10位:「新ハード、出たことはでたのですが‥」
 2月にPS4が、9月にXBOXワンが、10月には新型3DSが発売っ♪ ‥‥されましたが正直、どれもパッとしませんね。 牽引するソフトが無いからです。 性能的には新ハードって毎度、前世代よりも確実にパワーアップしているのですが、もはや一般的には眼に見えて分かり易い違いを感じる事は出来なくなってます。 その理由は幾つかあると思われますが、なによりも映像面で言えば、iPhoneやスマホの普及で、今や超美麗高精細が当たり前!ゲーム機よりも高性能で綺麗な絵に皆が日常的に慣れすぎてしまった事が、最新ゲーム映像に対する感動が薄れている原因でしょうか。
 そして3DSでミリオンセラーのラッシュがあったように、最新映像とかよりも内容‥というかブランド力の高いタイトルに注目が集まった年でもあります。 それでも新しい可能性を開くのはやっぱり新ハードでもあるので、1日でも早く新ハードを活かしたタイトルが登場するのを待ち望みます。

第9位:「PSモバイルからアプリアーカイブス発進!」
 キラーコンテンツとは決して言えませんが、ガラケー時代のゲームアプリから、面白かったものを現代に蘇らせる企画で、PSモバイルという時点で現状、プラットフォームはゲーム機ではVITAのみとなっている興味深いサービスです。 今のスマホアプリもですが、かつてコンシューマ(家庭用ゲーム機)で名を馳せたソフトメーカーで、いつの間にか消えてしまった会社は珍しくありません。全てが倒産したのではなく、主軸をコンシューマからケータイアプリに移行したメーカーも中小規模のところでは多かったりします。 ついでに言うと、現存していても昔みたいな夢のあった楽しいタイトルをもう長らくリリースしてないメーカーもありますよね、アソコとかソチラとか‥あらゆるメーカーが全て最新鋭機向きのゲームに合っているとは限らなくて、ドット絵丸出しの2Dグラフィック時代は凄く良かったのに、ポリゴンに適応しようとして失敗した、無理して3D化したのが仇となったトコロも残念ながらあります。 そんな中でガラケーは、まるでファミコン時代みたいな、限られた表現力しかないのがむしろ効果的だったのか、8~16ビットマシンのゲームの続きが楽しめた優良タイトルも人知れず輩出されてました。 このサービス、蓋を開けてみると当初のラインナップに入ってなかったジャレコの「シティコネクションロケット」や「モモコ1200%」がリリースされたのは嬉しいです。
 よくわからないテンコ盛りゲームにウンザリするよりも、身近なミニコンテンツ! 今の時代に適合したサービスだと思います。今後に期待です。

第8位:「低価格会員サービスが定番化」
 ゲームに限った事ではなくて、ネットプロバイダーやケータイ等も、会員サービスってありますよね。 例えばニコニコ動画は、基本的に無料で楽しめますが、有料‥プレミアム会員になるとニコ生放送を優先的に見れたり画質が良くなったりと、ちょっとした投資でお得感の高いサービスが人気です。 公共料金やケータイみたいに毎月五千円も一万円もかかっては大変ですが、月数百円程度であれば手が出しやすい。
 そんな訳か最近は、ゲームもネットと連動してセーブデータの保存や少し古いゲームを配給したりと、色々と便利で割安なサービスが、ゲーム界にも広がってきました。ソニーのPSplus、マイクロソフトのゴールド会員など。 年間約五千円という価格‥‥一見高そうですが実は一ヶ月あたり400円ちょっとと、安いと思います。 発売から半年~一年以上経過したゲームが随時配信されるので、ジャンルを選ばなければ配信ゲームだけでも充分遊べ‥‥というかそれさえも積んでしまう程w ついでに配信ゲームの世代は、現行機VITA/PS3/PS4に限らず、PSPやPS1アーカイブス、ネオジオステーション、PCエンジンアーカイブスと時代時代の懐かしいタイトルや往年の名作も適度にブレンドされている為、ゲーム好きであれば多くの世代が楽しめると思います。

 って、そもそも何でこんなにお得なのでしょうか? これはやはり、現代は誰でもケータイ、タブレットPC等の小型でかつそれ自体が通信可能な高性能端末を幾つも所持する時代。 TVが大衆娯楽の代表格だった頃と違い、今は身の回りに楽しめるものが幾らでもあり、生存競争が苛烈して、いつでも話題を提供し続けなければ客はすぐに他所に乗り換えてしまう‥‥生き残れないからだと思います。
 結果的に現在は、ソフト1本の価値が‥高いか低いかは置いといて、昔と違ってものすごーく手軽に手に入ってしまう為、コンピュータゲームを存分に楽しめる時代になったのだと実感します。

つづいて第7位‥‥例によって段々と文が長くなってキタのでw、巻き巻きでイキます。^^;

第7位:「ミニコンテンツ元年?」
 以前はTV番組を作って放送するだけでも、かかるお金や手間がとっても大変でした‥‥が、今はニコニコ動画や各種動画サービスが普及した恩恵で、従来の30分枠、60分枠で実質1/3はコマーシャルだったのが、一話3分とか5分というショート番組が登場し、作る側も見る側も軽い負担で楽しめる選択肢が増えました。 ゲームでいうところのインディーズブランドに近い感じですが、往年の迷作「ワンダーモモ」が海外のファンサイトで温められ、今年は遂にミニアニメに進出しました。 ミニ枠はわりと自由なのか、メーカー公式会報誌に連載されていた4コマ漫画を映像化した「ファルコム学園」から、懐かしの「天地無用」新作まで、何本か登場しました。今後もセガの「チェインクロニクル」が登場することからも、ゲームを含めたサブカルチャーと連動して盛り上げるモデルが定番になりそうです。

第6位:「プリペイドカードのコーナーが出来ました」
 あのネット通販大手・アマゾンから、ネット販売に消極的な姿勢を貫いてきた任天堂のダウンロード版ソフトカードが取り扱われはじめて話題に‥‥という以前に、最近のコンビニの一角、プリペイドカードコーナーが設立されてしまっているのですが‥。^^;
 以前はアップル系、ソニー系やQUOカードぐらいしかなかったのに、クレジットカードの大御所VISAまでもが参入し、LINE、Ameba、GREE、モバゲー、アマゾン、楽天、キンドル‥‥ドサクサに紛れてセキュリティソフトのマカフィーの利用料プリペイドまで!w どうでもいいですがマカフィーってPC使ってますと‥アドビリーダーとかFirefoxとかの定期的に新バージョンに更新されるアプリのアップデート時に、しれっと「マカフィーを使う」のチェックボックスにデフォルトでチェックが入ってたりしますよねなんでしょうか、このねじ込み商法w
 ある意味ブームというか、新しいフィールドが出来たみたいだからビジネスチャンスとして取り敢えず並べとこう‥という感じなのでしょうか? クレジットカードは便利な反面、作るのに審査が必要で誰でもは持ってないことから、チャージ金額分を買い物に使えるプリペイド式、案外需要があるのではないでしょうか。
 と言っても現状のコンビニ・プリペイドコーナーが肥大化の一途を辿っている以上、スマホアプリ市場が爆発的に膨れ上がってゲームメーカーであってもなくても続々と参入した時と似てます。‥するといずれ、現在の種類は多過ぎるので自然淘汰されて落ち着くのでしょうか

第5位:「PSP本体、生産終了」
 現在のゲーム界は明らかに携帯機が主力。その先駆けとなったのは言わずとしれたニンテンドーDS‥ではなく、結局ゲームファンに響いたのはPSPでした。 話題性はDS効果は素晴らしく、一時期は売り切れ品薄店舗が続出し、中古であっても高値で取引される状況にありました‥‥が、Wii同様にそれは、あくまでも今までゲーム遊びをしてこなかった層にウケて一時的に爆発しただけに過ぎず‥二画面は画期的に最初は感じたものの、所詮人間の眼が集中して見えるのは画面1つのみ、そして二画面ある事でバッテリーの消耗が早く持ちが悪い、そして肝心な画質は意外とゲームボーイアドバンスと大差ない‥‥いっぽう、あのPS2クオリティをほぼそのまま小型にして持ち運べるPSPは、最初こそ性能が一人歩きして活かすソフトに恵まれませんでしたが、モンハン2nd/2ndGの登場でゲーム界の図式そのものをひっくり返してしまいました。
 実はかなり偉大だったPSP、今でも女性向け恋愛ゲーム専属‥というか中心に新作がリリースされてます。生産終了は寂しいですが、携帯ゲーム機市場最も息の長い名機だったと思います。

第4位:「インディーズゲームに未来がみえる?」
 今年売れたゲームという話をすると、どうしても3DSのポケモン・モンハン・スマブラ・妖怪ウォッチの快進撃が目に付きます。 モンハンはもともと海外向け志向の難しいゲームでしたが今ではすっかり市民権を得たと言えますが、他はやはり、誰でも幅広く楽しめる分かりやすいゲーム達です。 はぃ、最新鋭機バリバリのゲームはいずれも‥‥遊ぶのが大変です。 確かにPC時代のイース3みたいに、1時間もかからずクリア出来てしまっては物足りないのかも知れませんが、だからといってクリアまでの平均プレイ時間が100時間も1000時間も掛かるのは如何なものでしょうか。 合う人には大満足でも、時間がかかり過ぎるのもかえって手が出し辛かったりします。
 ある意味、そんなゲーム界の間隙をぬうように発展したのがスマホ発・基本無料アプリ達でもあると思います。 ヘビーユースとは真逆の「手軽さ」を前面に出したゲームデザイン。 最初こそ見掛け倒しの傾向があったものの、今や一大ジャンル化したパズドラや、最近やたらとCM流れてる「白猫プロジェクト」等々、ゲーム性も抜群のタイトルが次々と登場してます。 ではコンシューマーは?というと元気なのがインディーズゲーム。 存在自体意味不明なのに話題騒然となった「ヤギシミュレーター」、大人気タイトルになった「マインクラフト」と、ファミコンやメガドライブの頃みた夢の続きが感じられるような、ゲーム的に楽しいゲームは大手よりもむしろ、インディーにあると思えます。

第3位:「チェインクロニクルに乗り換えました」
 ‥? と思われそうですが、私が長らく遊んできたVITA用基本無料アイテム課金ゲーム「拡散性ミリオンアーサー」ですが、色々あって止めました。というよりも同系統の「チェインクロニクルV」に乗り換えたという方が正しいと言えます。 基本無料ゲームはいずれも、1回プレイしたら行動力みたいなのが消費され、数時間たたないと続けて遊べません。 気に入ったイベントの時は欲しいカードの為に課金することもありますが、基本は時間回復をまって続けるカタチになります。 ミリアサ一本だけでも生活が縛られたのに、更にもう1本追加するのは‥‥現状、私には無理でした。 なので愛用してきたミリアサをササッと引退して、今はチェインクロニクルを遊んでます。‥しかし実はこれも問題がありまして、こういう生活の合間に入り込んできたゲームを遊んでいると、沢山買って積まれた有料フルパッケージゲームに時間が回りません。 すると、積まれたゲームを消化するためにはチョイクロも止めなければならず‥‥いずれその日が来ると思いますが、今のところはチョイクロを遊んでみます。 普通はチェンクロと呼ぶらしいですが、チョイと遊ぶゲームなのでチョイクロと個人的に呼んでます。

第2位:「絵ちゃんねる、はじめました」
 私は現在、主にVITAのお絵描きアプリ「えちゃんねる」で絵を描いてます。別に今まで使ってたPCwithペンタブレットが壊れたのではありません。 ソフト的にはレイヤーも範囲選択も「塗りつぶし」すらない非力なツールですが、寝そべりながらでも手軽に描けるのが気に入ってコレを主力として描いてます。 ハッキリ言って、PC用イラスト・漫画系ソフトに比べたら不便極まりないです‥が、PS3的3Dゲームとは違った8ビット機時代の魅力に近いものを感じます。 PCで漫画も描きたいので、当面は絵ちゃんとPC絵を併用して描いていこうかと思います。

第1位:「Twitterはじめました」
 ‥ほえ?この1~3位は何なのかですって?w ゲーム放浪記なのにゲームでない話がメインになってませんかって? 全くその通りでございますw これぞまさしく、現在のブログの状況の最大の原因にもなっている訳です。 私のゲーム遊び人生の中でも、特に絶大なインパクトを感じたのがファンタシースターオンライン‥‥いわゆるネットゲームです。ゲーム自体も面白いのですが、それ以上にネット上で知り合った友人と仮想世界で過ごすのがまた楽しかったりしまして‥‥Twitterは実質、それと同じ魅力があります。
 なので今ではすっかり、休日はPCの前に釘付けになってツイートしてたりします。 始めたキッカケは、上記した「絵ちゃん」がアップすると自動的にTwitterと連動する仕組みなため、えちゃんの延長でした。 それが今では、ブログ書く時間を奪われかけてしまいましたw 以前はPCの前にいるとブログ書くか漫画描くかの二択だったのに、強烈な選択肢が増えてしまった模様w
 これも熱があるので、いずれ落ち着いて、ブログ記事と漫画描きに主軸が戻るものと思います。

 そんなこんなで2014年最後の記事となりました。 更新ペースが眼に見えて落ちてしまいスミマセン。 今年最後の言い訳(w)になりますガッ!それだけTwitterは面白いという事なのだと思います。

 それでは皆様、良いおとしを~っ♪ m(_ _)m
スポンサーサイト


未分類 | 10:07:37 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
リクエスト
初めまして、アサイチといいます。リクエストさせてもよろしいですか?知っていればいいんですか、知らなかったら、パソコンでも調べてもいいです。ラングリッサーⅢのルナとレイラとラングリッサーⅣのサモナー姿のシェルファニールとラングリッサーⅤのエミリーの4人の尻を描いてもらいたいです。よろしくお願いいたします。
2015-01-01 木 22:37:53 | URL | アサシン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad