■アロハ~! いらっしゃいませ♪

■最新記事
■フリーエリア
■ツイッター

■月別アーカイブ
■最新コメント
■最新トラックバック
■プロフィール

ValVala

Author:ValVala
FC2ブログへようこそ!

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本日の四コマ(8/9)
  アロハ~、ヴァル=ヴァラです。

 スマートフォン買いました♪ 昨日の記事で少し触れましたが、従来のFOMA⇒サムスン製GALAXY Note SC-05Dに機種変更しました。本機は特徴的なスマホで、ワコムの電磁誘導方式採用のタッチペンが標準装備されています。 タッチパネル、古くは銀行のATMに使われていて、現在では身の回りのデジタル家電では標準的になりましたが、位置検出方式は何種類かあり、現在スマホの主流は感度の良い、静電容量方式です。人の指(肌)を触れるか、限りなく近づける事で電荷が変わり、その変化をセンサーが感知してタッチした位置を割り出す方法です。伸びた爪先では反応しません。反応が良い代わりに、指先という、それなりに大きな面で触れる為、細かい位置を指定するのが苦手です。 ですのでネット閲覧時に、別ページへリンクしたショートカットが複数、密集して並んでいた場合は狙ったトコロをクリックしずらい問題が発生します。ところが本機は、静電容量方式+電磁誘導方式ですので、専用ペン使用時には極めて細かい位置検出が可能という、面白いマシンなのです。

 電磁誘導方式というのは、PCで絵を描く時に使うペンタブレット(タブレット端末とは違い、特殊な入力装置)に使われている方式でして精度の高い位置検出だけでなく、筆圧感知も備えていて、線を描いても筆圧を変えると太さも変わります。(丁度、ココの四コマを描くのに使っています。) 専用ペンでなければ反応しないので、例えば3DS付属タッチペンでは動きませんが、純正品でなくとも、同じ規格のペンであれば使用可能です。
 月々サポートやらナントカ割引やらで実質、本体料金はタダ同然なのですが、本機に限らずスマホって大体、元は定価6~7万円もします‥‥完っ全に高額商品ですね‥もはや海外製ノートPCよりも明らかに高いって‥オトロシィ w^^;

 それはさておき、昨日はソーシャルゲームのレベルが上がったと言いましたが、少し掘り下げてみます。 と言うのも、私はケータイアプリのソーシャルゲームについての評価は、子供だましの内容、小さな画面で操作もしづらく、ケータイそのものがゲームを楽しむには向かない、というモノでした。(ナンプレや倉庫番等のじっくり系パズルは充分楽しめますし、そういうゲームはガッチリしたコントローラを使って大型TVとかでプレイするよりも、寝転がって片手で楽しめる方が遊び易かったりしますが) その為、“ライトユーザーの暇潰し目的”という意見も受け入れていましたが、どうやら大きな間違い‥‥正しくは、それは昔の認識でしかなく、ソーシャル最前線を知らなかった模様です。><

 本機で幾つか遊んだ結果、スマホはゲームも面白いですっ♪ 大画面化、高性能化により、画面表現自体はケーム機と遜色ありません! ‥‥ただしアノ、タッチ操作に限られるハード特性上、遊びづらく適さないゲームも多々あります。

 本機向けにオススメなゲーム(前述の通り、普通のスマホと違って精度が極めて高い専用タッチペンを使用すると、指先プレイ時よりも快適さが大きく異なる為、この評価は多分、スマホ全般ではなく本機限定かも知れません)として挙げるのは、「怒首領蜂大復活」「エスプガルーダ2」です。 昔はシューティングってコンピュータゲームの花形でしたが、現在は弾幕系が主流となり、残念ながら遊ぶ人を選ぶジャンルとなっているのが現状です。

 本機で遊んだ怒首領蜂、見た目はアーケードそのものなのに、プレイ感覚が全く違うのです。 操作・ゲーム設定はカスタマイズ出来ますが、大筋は
    ①難易度の大幅ダウンで簡単になった
    ②弾は何もしなくても常に出っ放し
    ③自機の攻撃が強い上に広範囲に弾が飛ぶので、そんなに狙わなくても敵に当たる
 以上の三点により、敵の弾を避けているだけで進めるのです。ボス敵が放射状に撃つ弾は避けられる場所が限られているので、タッチペンでその間をくぐり抜ける感じ‥ゴメンなさい。>< シューティングファンに怒られてしまいそうな表現を使うと、電流イライラ棒に近いプレイ感覚なのです。(!)
 又、前に当ブログで取り上げた「ゾンビカフェ」もプレイしましたが、面白いですねコレ♪

 という訳で現在のスマホ(本機限定かも知れませんが)のゲーム、ゲームによっては非常に面白く、操作も快適です。3DSやVITA等の携帯機とスマホ等のゲームやソーシャル系は、性能面でも表現的にも、お互いに歩み寄ってきたのか、重なる部分が増えてきたと感じます。

 コンピュータゲームを楽しむ環境‥従来は、据え置き機、携帯ゲーム機、PC、アーケードでしたが、スマホを加えて、今後は発展するのではないでしょうか。選択肢の一つとしてスマホが加わったと思います。
 今夜の四コマは、スマホでゲーム! です。

ヴァル=ヴァラのゲームNews 第95回 「偶然? 必然? スマホで拡がるゲーム遊び」
本日の四コマ(8/9)
スポンサーサイト


未分類 | 23:46:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad